山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

江戸を知る大イチョウ

2015年7月15日

江戸を知る大イチョウ

夏の日差しがイチョウの樹の輪郭をくっきりと映し出しています。
鏡野町にある新町には樹齢三百年以上のイチョウの樹があります。新町は江戸時代に宿場町として栄えていました。この樹を目印に旅する人も多かったそうです。
イチョウの樹の近くには、殿様が泊まった宿があります。殿様もこのイチョウの樹の木陰で一休みされたのでしょうか。
町の天然記念物に指定されたこの樹は、生命力や力強さに溢れています。
秋には銀杏が実をつけ、近所の方がいつも拾っているそうです。今からこの樹が黄色に染まる季節が待ち遠しいです。

最近の記事

過去の記事

2018年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月