山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

木の上のいたずらっ子

2013年8月28日

みつばち教室

会社の玄関脇にいがぐりが一つ落ちていました。
私たちの会社は森に囲まれているのです。
先日の豪雨に叩かれたのでしょう。
子どものこぶし程の大きさで、刺も青く柔らかそうです。
頭上の木を見上げると、葉っぱの間から若い栗が二つ、顔を覗かせていました。
まるで「いがぐり頭」のいたずらっ子が、こちらの様子をうかがっているようです。
「次は誰の頭に落ちようか。」
秘密の相談事が聞こえた気がしました。
「私の上には落ちないでね。」
小さくつぶやき、そそくさと木の下を後にしました。

最近の記事

過去の記事

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月