山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

スズメバチ

2011年10月3日

秋風が吹き始めるころになると、養蜂場の巣箱には、招かれざる客が大勢でやってきます。
ミツバチの最大の天敵「オオスズメバチ」です。日本には9種類のスズメバチが生息していますが、巣箱の中にまで入り込んで、ミツバチの幼虫や蛹を根こそぎ掠奪していくのは、このオオスズメバチだけです。
日本に昔から住んでいるニホンミツバチは、長い歴史の中で、スズメバチが巣に近づくと、大群で団子状に包み込み、筋肉を動かして48度という熱を発生し、蒸し殺すという技を獲得しました。
しかし、私たちがはちみつやローヤルゼリーを生産するために飼っているのは、明治の初期に入ってきたヨーロッパ原産のセイヨウミツバチです。ヨーロッパにもスズメバチ(Vespa)の仲間はいますが、いずれも小型の蜂のため、ニホンミツバチのような知恵は持っていません。
晩秋に向かって、冬を越すための新しい女王蜂を、何百頭も育てているオオスズメバチにとって、ミツバチの巣箱の中は、良質のタンパク源の宝庫に見えるのでしょう。
自然界の掟とはいえ、私たちはミツバチの味方なので、スズメバチを叩き落としたり、トラップを作ったりと、秋のお彼岸のころは大忙しとなっています。

最近の記事

過去の記事

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月