山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

冬道の出会い

2012年12月12日

冬道の出会い

舗装してない道を養蜂場へ向かうと、思いがけないところから大きな鳥が飛び立ちました。羽の大きさは両手を拡げたほどもあります。
山沿いの田んぼの上をしばらく優雅に滑空して、少し距離を置いたあたりに着陸しました。許容範囲があるのか、遠くから眺めているときは、われ関せずといった風情です。
灰色なのにアオサギというのは何故なのか、以前から気になってはいたのですが、調べたことはありません。緑色の蛙をアオガエルと呼ぶように、「アオ」という言葉が必ずしも青い色を意味しないのかもしれないと、勝手に納得しています。
木々が葉っぱを落とした冬ざれの田舎道に、きりっとしたアオサギの立ち姿が印象的でした。

最近の記事

過去の記事

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月