山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

雪残る国境

2015年2月18日

雪残る国境

暦の上では立春を過ぎましたが、鏡野町は相変わらず寒さが続き、朝晩は、真冬のようです。
今年はいつもより、雪が少なかったように思います。しかし、一つ山を越えればまだ銀世界。北部の山間では、雪が1メートル以上も積もっています。
県境はもう少し奥の山ですが「雪残る頂(いただき)一つ国境(くにざかい)」という正岡子規の俳句が思い起こされます。
青く澄んだ空が、雪の白さをさらに引き立てていました。

最近の記事

過去の記事

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月