山田養蜂場 鏡の便り 公式ブログ

冬のサイン

2015年1月7日

冬のサイン

全国各地から大雪の便りが届いています。ここ鏡野も、厳しい寒さが続く毎日です。
冬の風物詩「つらら」が、今年も現れ始めました。
幼い頃には、長い「つらら」を折り、剣に見立てて遊んでいましたが、今ではその冷たさだけを感じてしまいます。
「つらら」は、水滴が垂れ落ち、寒さに晒され、上から下へ伸びていきます。夜の寒さで凍った滴が、昼間に少し溶け、凍っては溶け、溶けては凍るを繰り返し、何日もかけて成長します。
寒暖差による絶妙な気温の変化によって生まれる「つらら」は、いつもと違った時間の流れを感じさせてくれます。
自然の創造物の優雅さに暫く見とれていました。

最近の記事

過去の記事

2017年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2016年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2015年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2014年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

2013年

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月