鏡野便り 鏡野の四季折々の風景やその時々の出来事をお届けしております

タチアオイの立ち姿

タチアオイの立ち姿

梅雨入り宣言が出てから、ほとんど雨が降らない今年の6月ですが、そろそろ本当の梅雨入りとなりそうです。

続きを読む

ホタルの水辺

ホタルの水辺

鏡野町には、いくつかホタルの名所がありますが、貞永寺の小川は隠れた穴場です。

続きを読む

シラガタロウ

シラガタロウ

会社周辺の木々が、深みのある色に変わってきました。

続きを読む

梅雨の足音

梅雨の足音

曇っていた空が少しだけ晴れました。

続きを読む

ヒメジョオンにはベニシジミ

ヒメジョオンにはベニシジミ

屋上の花壇は、いつの間にか雑草園になってしまいました。

続きを読む

田んぼの色

田んぼの色

一面ピンク色だったれんげ畑が次々に耕されて、水が張られています。

続きを読む

ポピーにミツバチ

ポピーにミツバチ

新緑に包まれたみつばち農園では、アイリッシュポピーが、咲き始めています。

続きを読む

道路にパンジー

道路にパンジー

いつもの散歩道、鮮やかな紫と黄色が目に飛び込んできました。

続きを読む

綿毛の行き先

綿毛の行き先

タンポポの黄色い花の間に、白い綿毛の種をつけているのが、増えてきました

続きを読む

春の詰め合わせ

春の詰め合わせ

家の裏に、めったに人が立ち入らない荒地があります。

続きを読む

万葉の道

万葉の道

香々美川に沿って北に向かう道は、万葉の道と呼ばれています。

続きを読む

苔の花

苔の花

屋上の捨てられた植木鉢に、苔の花を見つけました。

続きを読む

ムスカリに招かれて

ムスカリに招かれて

彩りの少なかった庭に、春の花が顔を揃え始めました。

続きを読む

ウメにミツバチ

ウメにミツバチ

ミツバチが外出できる日が少なく心配していましたが、やっと暖かくなりました。

続きを読む

イチゴ狩り

イチゴ狩り

春の日が差し込むビニールハウスの中は、ポカポカ陽気になっています。先週の土曜日は、イチゴ狩りのお客さまで賑っていました。

続きを読む

残雪に水仙

残雪に水仙

日当たりの良い土手の水仙は、節分のころから咲いています。

続きを読む

クマ出没注意

クマ出没注意

雪がやんで雲一つない青空になり、新しく積もった雪の上には、いくつもの足跡が点々とついていました。

続きを読む

雪の日のエリマキトカゲ

雪の日のエリマキトカゲ

奥津湖畔にあるドライブイン「水の郷」の入り口に、エリマキトカゲが立っています。

続きを読む

雪の中の巣箱

雪の中の巣箱

前の雪が解けないうちに次の大雪が降って、鏡野は雪国のようになってしまいました。

続きを読む

日上山城(ひかみさんじょう)

日上山城(ひかみさんじょう)

香々美川が大きくカーブを描くところに日上山があります。

続きを読む

雪の中の羊たち

雪の中の羊たち

イチゴが成りだしたみつばち農園では、毎日イチゴ狩りのお客さまで賑っています。

続きを読む

山里の冬

山里の冬

この冬は雪が少なく、平野部では霙や雨になってしまいます。

続きを読む

奥津湖夕照

冬の星座

遠い山に日が落ちると、空の色が刻々と変化していきます。

続きを読む

冬の星座

冬の星座

南の夜空が賑やかになってきました。

続きを読む

鏡野は海の底

鏡野は海の底

霧が立ち込めている朝、もしかしたら雲海が見えるかもしれないと思って、黒沢山に登ってみました。

続きを読む

46億年地球の道

46億年地球の道

いよいよ山田養蜂場自然塾が、みつばち農園で始まりました。

続きを読む

現代アートとミツバチ

現代アートとミツバチ

岡山市内で開催されていた岡山芸術交流が終わりました。

続きを読む

紅葉が散る前に

紅葉が散る前に

良く晴れた週末、もうそろそろ終わりかなと思いながら、紅葉の名所巡りをしてみました。

続きを読む

朝時雨

朝時雨

夜明けには冷たい雨が、細かく降っていました。

続きを読む

ふるさと村は秋深し

ふるさと村は秋深し

香々美川の上流に越畑(こしはた)という集落があり、紅葉の季節には賑っています。

続きを読む

金色の針

金色の針

森林公園に向って登っていくにつれて、紅葉が進んでいます。

続きを読む

熟柿

熟柿

干し柿用の西条柿を収穫する時季なのに、今年は不作のようです。

続きを読む

紫苑(シオン)咲く庭

紫苑(シオン)咲く庭

鳥取県境に近いうたたねの里は、もうすっかり晩秋の佇まいとなっています。

続きを読む

雑草庭園

雑草庭園

雑草園のようになってしまった屋上の花壇に、アザミが名残りの花を咲かせています。

続きを読む

不思議な煙突

不思議な煙突

奥津温泉の旅館が並ぶ通りを抜けて、吉井川の橋を渡ったところに、不思議な煙突が現れてきます。

続きを読む

大野橋

大野橋

朝の空が真っ青な日は、少し早く家を出て、寄り道したくなります。

続きを読む

彼岸花の土手

彼岸花の土手

今年は9月6日が、彼岸花の初見日でした。

続きを読む

すすきの原っぱ

すすきの原っぱ

標高が高い奥津地区や上斉原地区では、平地よりも秋の深まり方が早くなっています。

続きを読む

唐音の滝

唐音の滝

吉井川の本流から分かれて、羽出川沿いに遡ってみます。

続きを読む

晩夏を彩る

晩夏を彩る

お盆の後の土曜日、山田養蜂場の納涼祭が開催されました。

続きを読む

名残りのヒマワリ

名残りのヒマワリ

もうとっくに秋ですが残暑が厳しく、日中は真夏日が続きます。

続きを読む

お涼み会

お涼み会

日が暮れて昼間の暑さが少しやわらいだころ、地域の人々が三々五々集まってきて、お涼み会が始まります。

続きを読む

ブルーアイズ

ブルーアイズ

みつばち農園のブルーベリーが、収穫の最盛期を迎えています。

続きを読む

オニユリ

オニユリ

梅雨が明けて、真夏の太陽が容赦なく照りつける鏡野盆地です。

続きを読む

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

午後のやや傾いた日差しを受けて、ノウゼンカズラが華やいだオレンジの花を咲かせています。

続きを読む

青いリンゴ

青いリンゴ

養蜂場の近くに小さなリンゴ園があります。

続きを読む

玉ねぎの保存

玉ねぎの保存

玉ねぎの収穫が終わり、軒先の物干し竿に吊り下げられています。

続きを読む

ガクアジサイに蝶

ガクアジサイに蝶

そろそろ梅雨明けが近いかなと思う空模様です。

続きを読む

梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間

久しぶりに晴れた午後、カラッとした天気になりました。

続きを読む

万緑の渓谷

万緑の渓谷

梅雨の晴れ間、白賀渓谷に足をのばしてみました。

続きを読む

蛍との時間

蛍との時間

日暮れが遅くなり、8時頃になってやっと真っ暗になります。

続きを読む

へこくら橋から

へこくら橋から

香々美川沿いの一本道の谷間を辿っていくと、大町という名の小さな集落があります。

続きを読む

ウサギの耳のラベンダー

ウサギの耳のラベンダー

会社の屋上庭園にフレンチラベンダーが咲いています。

続きを読む

スカンポとジャワ更紗

スカンポとジャワ更紗

イタドリの地方名はとても多く、スカンポという呼び名が良く知られています。

続きを読む

中林の滝(ちゅうりのたき)

中林の滝(ちゅうりのたき)

新緑から万緑に向かう季節に差し掛かってきました。

続きを読む

山中の鯉のぼり

山中の鯉のぼり

道に迷いながら細い道に入っていくと、山の中の一軒家に鯉のぼりが泳いでいるのに出くわしました。

続きを読む

山はツツジ色に

山はツツジ色に

サクラが主役の座を降りると、里山の雑木林ではツツジが咲き始めます。

続きを読む

山笑う

山笑う

奥津温泉を取り囲む山々を、コブシの花が飾っていました。

続きを読む

温かな風景

温かな風景

幼児が童謡を歌っているようなチューリップの花が、石垣の上に並んでいました。

続きを読む

黄色の海

黄色の海

香々美川の向こう側に、菜の花畑が広がっています。

続きを読む

森の中に花壇

森の中に花壇

この時季になると寄ってみたくなるところがあります。

続きを読む

クロッカスに誘われて

クロッカスに誘われて

庭の縁に植えたクロッカスが、花を咲かせていました。

続きを読む

水仙はナルシスト

水仙はナルシスト

三月に入ってから、一度雪が降ったものの、日一日と暖かくなってきました。

続きを読む

浅き春

浅き春

吉井川の水は、上流の豪雪地帯から流れてくる雪解け水で、手がちぎれるような冷たさです。

続きを読む

ミツマタの花

ミツマタの花

冬が暖かかったせいか、春の花が早めに咲いています。

続きを読む

ホトケノザ

ホトケノザ

巣箱の中ではすでに、女王蜂が産卵を再開しています。

続きを読む

雪上のレッドカーペット

雪上のレッドカーペット

姫唐辛子の寒晒しは、雪の都合で決まります。

続きを読む

雪の奥津渓

雪の奥津渓

今シーズン初めての大雪で、鏡野はやっといつもの冬らしくなりました。

続きを読む

初冠雪

初冠雪

北にそびえる泉山が、やっと白くなりました。

続きを読む

真冬の蓮池

真冬の蓮池

夏の間、大きな葉を茂らせ、見事な花を咲かせていた蓮池が、ユーモラスな抽象絵画になっていました。

続きを読む

冬の夜明け

冬の夜明け

今シーズンは雪が少ないようですが、それでも朝の冷え込みは、厳しくなってきています。

続きを読む

冬の花に飛ぶ

冬の花に飛ぶ

小春日和の日、巣箱の下にある狭い隙間からミツバチが出入りしていました。

続きを読む

モズ

モズ

鏡野町に本格的な寒さがやってきました。

続きを読む

クロガネモチ

クロガネモチ

会社の近くにある空き家には、クロガネモチの木があります。

続きを読む

お鍋の名脇役

お鍋の名脇役

みつばち農園のビニールハウスの中では、しいたけの収穫が最盛期を迎えています。

続きを読む

もうすぐ冬籠り

もうすぐ冬籠り

鳥取県境の人形峠を少し下ったところから、脇道に入ると「うたたねの里」があります。

続きを読む

冷え込む山頂から

冷え込む山頂から

雲海を見るために、隣の県まで足を運びました。

続きを読む

小さい冬見つけた

小さい冬見つけた

朝晩冷え込む季節となりました。

続きを読む

冷たい風で甘くなる

冷たい風で甘くなる

鏡野町の多くの農家には庭に柿の木があります。

続きを読む

ユリノキ

ユリノキ

社屋を囲む「ふるさとの森」の木々の間を風が通り抜けていきます。

続きを読む

秋桜

秋桜

鏡野は朝晩の冷え込みが厳しくなり始めました。

続きを読む

道端の花壇

道端の花壇

香々美川沿いの道は「万葉の道」と名付けられています。

続きを読む

どろんこの稲刈り

どろんこの稲刈り

連日居座っていた雨雲はなくなり、薄い絹のような雲が青空に張りついていました。

続きを読む

シラサギの好物

シラサギの好物

稲刈りの終わった田んぼでシラサギを見つけました。

続きを読む

おい!紅葉

おい!紅葉

鏡野ダムの大きな壁で、道は行き止まりになっていました。

続きを読む

真っ赤な彩に誘われて

真っ赤な彩に誘われて

彼岸花が咲く季節になりました。

続きを読む

黒紫の宝玉

黒紫の宝玉

岡山は果物王国として有名です。

続きを読む

空に栗坊主

空に栗坊主

会社の駐車場に爽やかな風が吹き抜けています。

続きを読む

収穫のその時まで

収穫のその時まで

田んぼの稲は雨風に耐えていました。台風15号の直撃が危ぶまれましたが、幸いにもコースが外れたようです。

続きを読む

夏の名残

夏の名残

立秋を過ぎて暦の上では秋ですが、日中はまだ厳しい暑さが残っています。

続きを読む

夏から秋へ

夏から秋へ

立秋はとっくに過ぎたのに毎日「ジージージー」とアブラゼミの鳴き声が聞こえてきます。

続きを読む

きいろとくろの縞模様

きいろとくろの縞模様

縞々のある昆虫が、シモツケソウの花の周りを飛んでいました。

続きを読む

はちみつソフト

はちみつソフト

鏡野の夏は盆地のため、厳しい暑さです。

続きを読む

はす池

はす池

小座の池に、蓮の葉が一面に広がっています。

続きを読む

夏の蛙

夏の蛙

夕刻、脇の田んぼから蛙の鳴き声が聞こえてきました。

続きを読む

江戸を知る大イチョウ

江戸を知る大イチョウ

夏の日差しがイチョウの樹の輪郭をくっきりと映し出しています。

続きを読む

滝の裏側

滝の裏側

先日、鏡野町の北にある岩井滝に行ってきました。

続きを読む

暗闇の主役

暗闇の主役

梅雨らしい雨が続くようになりました。

続きを読む

夏の楽しみ

夏の楽しみ

家の前の小さな庭にはミニトマトや、きゅうり、今年初めて植えたナスが順調に育っています。

続きを読む

泥の笑顔

泥の笑顔

先日、田植え機を持っていない友人の田植えを同僚と手伝いました。

続きを読む

カクテル

カクテル

本社前の「りとるび〜はうす」は、木々にぐるりと囲まれたログハウスの店舗です。

続きを読む

お洒落な木

お洒落な木

鏡野の山々に緑が映える季節になりました。

続きを読む

スポーツの輪

スポーツの輪

5月の日曜日、新緑の木々に囲まれたグランドで、鏡野町のソフトボールチームと試合をしました。

続きを読む

ニホンカワトンボ

ニホンカワトンボ

周りの田んぼで田植えが始まり、用水路の水量が増えています。

続きを読む

綿毛のたんぽぽ

綿毛のたんぽぽ

幼い子は、たんぽぽの綿毛を見つけたら、吹いてみたくなります。

続きを読む

山の僧侶

山の僧侶

日射しは日を追うごとに強さを増しています。

続きを読む

残り鴨

残り鴨

池の側の原っぱで、初夏を思わせる日差しを浴びながら歩いている3羽の鴨を見かけました。

続きを読む

泉山

泉山

鏡野町の泉山を登りました。

続きを読む

はじまりの季節

はじまりの季節

霞のかかった雑木林が新芽の柔らかな色に煙っています。

続きを読む

ミツバチの季節がやってきた

ミツバチの季節がやってきた

ミツバチが桜の花から花へと元気に飛び回っています。

続きを読む

小さな春

小さな春

暖かくなると顔を出す可愛らしい花ハコベ。鏡野町でも、よく見かける季節になりました。

続きを読む

残雪の夕日

残雪の夕日

鏡野から北に車を走らせると白い雪の世界が広がってきます。

続きを読む

思いでつくし

思いでつくし

暖かい日が増えてきました。

続きを読む

春の匂い

春の匂い

昨日は暖かかったのに、今朝は雪が積もっていました。

続きを読む

春は黄色からやってくる

春は黄色からやってくる

気温が10℃を超える日が多くなりました。

続きを読む

ミツバチと梅とミツバチおじさん

ミツバチと梅とミツバチおじさん

暖かくなり梅が咲き始めました。

続きを読む

雪残る国境

雪残る国境

暦の上では立春を過ぎましたが、鏡野町は相変わらず寒さが続き、朝晩は、真冬のようです。

続きを読む

オリオンの赤い星

オリオンの赤い星

暦の上では春になりましたが、鏡野ではまだまだ寒い日が続いています。

続きを読む

夜明け

夜明け

強く冷たい風が吹いています。ここは、鏡野にある恩原湖です。

続きを読む

「苺」という字の中に「母」がいる

「苺」という字の中に「母」がいる

小さなころ、私はイチゴののったショートケーキが大好きでした。

続きを読む

紅色探し

紅色探し

時折雪が舞い、氷点下の空気が肌にチクチクと刺さります。

続きを読む

たたらの里

たたらの里

鏡野町の富地区や越畑地区、ひと山越えた加茂町(現在は津山市)には、「たたら遺跡」が数多く残っています。

続きを読む

冬のサイン

冬のサイン

全国各地から大雪の便りが届いています。ここ鏡野も、厳しい寒さが続く毎日です。

続きを読む

赤色のリフト

赤色のリフト

私たちの会社から車で30分ほど行くと、恩原高原スキー場があります。

続きを読む

シクラメンの鉢

シクラメンの鉢

社員販売用にシクラメンが、本社の廊下に並んでいました。

続きを読む

鍵湯

鍵湯

奥津温泉には、鍵湯と呼ばれる名湯があります。

続きを読む

枡形山(ますがたやま)からの展望

枡形山(ますがたやま)からの展望

山田養蜂場本社のすぐ近くにある枡形山に登山をしました。

続きを読む

一歩

一歩

11月9日「第9回かがみのハーフマラソン&健康マラソン」が開催されました。

続きを読む

柿すだれと干し柿名人のおじいちゃん

柿すだれと干し柿名人のおじいちゃん

会社の隣の農家に見事な柿すだれが出来上がっていました。

続きを読む

晩秋の渓谷

晩秋の渓谷

紅葉の名所「奥津渓」は、本社から車で30分ほどのところにあります。

続きを読む

新月の日

新月の日

先日、鏡野町の北東にある黒沢山に行ってきました。

続きを読む

曇天の雲

曇天の雲

ぐずついた天気が続く毎日です。屋上から眺める空が重くのしかかってきます。

続きを読む

虹のとらえ方

虹のとらえ方

雨上がりの空に大きな虹がかかりました。

続きを読む

金木犀

金木犀

夜の訪れが早まり、爽やかな日が増えてきました。

続きを読む

キバナコスモス

キバナコスモス

みつばち農園は、イチゴのハウス栽培を主体とした観光農園です。

続きを読む

秋の岩井滝

秋の岩井滝

鏡野町を流れる吉井川には数々の支流があり、大小さまざまな滝があります。

続きを読む

どんぐり

どんぐり

お彼岸を過ぎて涼しくなりました。男女山(おとめやま)の道沿いの雑木林は昨年の落ち葉で敷き詰められています。

続きを読む

秋の風

秋の風

移動性高気圧に誘われてきた風が、通りぬけていきます。風に撫でられた稲穂は軽やかに揺れ、サワサワと音を立てています。

続きを読む

秋の夕暮れ

秋の夕暮れ

秋が深まり、夕暮れに吹く風が少し肌寒く感じます。

続きを読む

ケリ

ケリ

田んぼに初めて見る鳥がいました。鮮やかな黄色のくちばしが無ければ、そこにいることが分からないくらい地味な鳥です。

続きを読む

晩夏を彩る

晩夏を彩る

納涼祭と呼ぶには遅すぎますが、お盆明けの土曜日に、1500人のお客さまをお迎えして、夏の終わりのイベントが行われました。

続きを読む

向日葵(ひまわり)

向日葵(ひまわり)

時折吹く爽やかな風に、秋の気配を感じる頃となりました。

続きを読む

緑のかおり

緑のかおり

厳しい暑さが続きます。

続きを読む

手を伸ばせば

手を伸ばせば

夏の太陽が肌を焼き、蒸し暑い空気が背中にのしかかるようです。

続きを読む

生命の森の木漏れ日

生命の森の木漏れ日

今朝出がけに見た天気予報では、35℃を越えそうだと言っていました。

続きを読む

空蝉(うつせみ)

空蝉(うつせみ)

梅雨明けの暑さを呼び寄せるかのように、激しいセミの鳴き声が鏡野に響き渡ります。

続きを読む

雨上がりの公園

雨上がりの公園

長らく続いていた雨がやみ、久しぶりの穏やかな天気です。

続きを読む

ネムノキ

ネムノキ

栗の花が終わると、ネムノキが花を咲かせ始めます。

続きを読む

花壇の砂糖菓子

花壇の砂糖菓子

蒸し暑い季節ですが、時折涼しげな風が吹いてきます。

続きを読む

七変化

七変化

鏡野では、あちらこちらの庭や生垣で紫陽花が咲いています。

続きを読む

初夏の夜の出会い

初夏の夜の出会い

梅雨入りしたものの、今年は陽が照る日が多いように思います。

続きを読む

梅雨の匂い

梅雨の匂い

梅雨の晴れ間に、蒸し暑い空気が立ち昇ります。

続きを読む

ひと時の水鏡

ひと時の水鏡

レンゲが鋤き込まれ、水が張られると、田んぼの中に枡形山と黒沢山がくっきりと浮かびあがってきます。

続きを読む

ヘアリーベッチとみつばち

ヘアリーベッチとみつばち

鏡野町が花であふれかえるこの季節、みつばち達は毎日忙しそうに、花から花へと飛び回りながら蜜を集めています。

続きを読む

青空と麦畑

青空と麦畑

5月も半ばを過ぎると、鏡野町の水田には水が張られ、田植えが始まります。

続きを読む

雷神さま

雷神さま

鏡野盆地は雷の多いところです。

続きを読む

春の名残

春の名残

立夏を迎え、暦の上では夏となりました。

続きを読む

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ

鏡野では、ソメイヨシノや山桜の花は散って、葉桜となりました。

続きを読む

春を楽しむ

春を楽しむ

鏡野町の桜が散り始めるころ、会社の生垣に雪柳が花を咲かせました。

続きを読む

醍醐桜

醍醐桜

日本名木百選に選ばれている「醍醐桜」が、今年も満開を迎えました。

続きを読む

ミツバチの自然巣

ミツバチの自然巣

ミツバチの巣を処理して欲しいという電話が、時々あります。

続きを読む

はじまり

はじまり

毎年4月1日は、入社式が執り行われます。

続きを読む

桜のピンク

桜のピンク

晴れた午後、固く閉じていた桜の蕾が、大分膨らんできています。

続きを読む

梅の花

梅の花

3月半ばに入り、鏡野では梅の花が見ごろを迎えました。

続きを読む

春の準備

春の準備

鏡野町の北部、県境の峠を少し下ったところに恩原湖があります。

続きを読む

なかよし風車

なかよし風車

うららかな日差しに誘われて、男女山(おとめやま)公園にやってきました。

続きを読む

膨らむ芽

膨らむ芽

凍て返る日があるかと思えば、急にぽかぽかとした穏やかな日が訪れる、ということを繰り返しながら、本格的な春が近づいてきています。

続きを読む

春待ちの夕暮れ

春待ちの夕暮れ

朝方は、水たまりに氷が張る日もありますが、暦上は「雨水(うすい)」を迎えました。

続きを読む

中庭の仔犬

中庭の仔犬

鏡野町出身の彫刻家桜井敏生さん作の仔犬の石像です。

続きを読む

名残の山茶花

名残の山茶花

暦の上では春になりましたが、鏡野ではまだ寒い日が続いています。

続きを読む

雪と蝋梅

雪と蝋梅

岡山県北部に位置する鏡野町は、今日も雪景色です。

続きを読む

冬の岩井滝

冬の岩井滝

鏡野町の北部にある岩井滝に行ってきました。

続きを読む

二十歳の貫禄

二十歳の貫禄

1月14日、本社で93〜94年生まれの新成人16名を祝う式が開かれました。

続きを読む

新年の朝

新年の朝

山影の田んぼは霜で白く凍り、その先の日当たりのよいところは金色に光っています。

続きを読む

クリスマス

クリスマス

クリスマスが近づくと、朝、庭の木々や車の上に雪が積もっていることが多くなってきます。

続きを読む

なんてん

なんてん

12月半ば、空気の澄む日が多くなりました。

続きを読む

紅葉の散るころ

紅葉の散るころ

師走に入り、鏡野町は氷点下になる朝が増えてきました。

続きを読む

囲炉裏とヒラメ

囲炉裏とヒラメ

鏡野町の上斎原にある茅葺屋根のいっぷく亭へ行ってきました。

続きを読む

花梨の実

花梨の実

会社の敷地内に一本、二階まで届きそうな花梨の樹が立っており、毎年秋が深まると大きな実をいくつも付けます。

続きを読む

秋の絨毯

秋の絨毯

本社から北へ車を30分ほど走らせて、奥津へ行ってきました。

続きを読む

冬の足音

冬の足音

鏡野町の北側、鳥取県との県境に、ハイキングに最適な森林公園があります。

続きを読む

落ち葉とサワガニ

落ち葉とサワガニ

久しぶりに晴れた日曜日、午後遅くなってから、ふらりと釣竿を持って出かけてみました。

続きを読む

秋の虹

秋の虹

連日の雨が上がり、鏡野に秋の虹がかかりました。町内のどこからでも眺められそうな、大きな虹です。

続きを読む

見上げれば紅葉

見上げれば紅葉

鏡野町の北部にある県立森林公園に行ってきました。入口の管理棟を過ぎた辺りからカラマツの植林が続いており、光の加減で細い葉が金色に輝きます。

続きを読む

キンモクセイの香り

キンモクセイの香り

どこからともなく花の香りが漂ってきます。あたりを見回すと、キンモクセイの花が咲いていました。

続きを読む

秋は夕暮れ

秋は夕暮れ

秋の半日を高原で遊び、夕暮れ近くなって慌てて帰路につきました。西の空には細かい鱗雲が散らばっています。

続きを読む

収穫

収穫

鏡野町の平野部では、米の収穫が進んでいます。会社のまわりには稲刈りを終えた田んぼが増えてきました。

続きを読む

彼岸花

彼岸花

朝夕めっきり涼しくなってきました。もう秋分の日を過ぎ、お彼岸が明けます。

続きを読む

嵐の後

嵐の後

爽やかな空です。田んぼの稲穂はそろって倒されていました。

続きを読む

蕎麦畑

蕎麦畑

秋です。うだるような暑さが消え、涼しい風が鏡野町を吹き抜けていきます。この季節の楽しみの一つが、蕎麦畑の景観です。

続きを読む

雲の観察

雲の観察

鏡野町の北にある奥津(おくつ)湖付近を通っていると、今年初めてのうろこ雲が広がっていました。西の空が少し色づいています。

続きを読む

木の上のいたずらっ子

木の上のいたずらっ子

会社の玄関脇にいがぐりが一つ落ちていました。私たちの会社は森に囲まれているのです。先日の豪雨に叩かれたのでしょう。

続きを読む

みつばち教室

みつばち教室

記録的な炎天下、今年も土居の養蜂場で、「みつばち教室」が開催されました。

続きを読む

天人淵

天人淵

鏡野町を南北に流れる、香々美川の源流に、「天人淵」があります。大人の身長ほどの高さから、2本の滝が水しぶきをあげています。

続きを読む

ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタ

夕暮れ時、鳥取方面に向かう国道沿いにある土居養蜂場に行ってみました。みつばち教室に参加した時、子供たちがたくさんのコクワガタやカブトムシを採っていた所です。

続きを読む

夏の花

夏の花

小学生の夏休みがスタートしています。花火にはしゃぐ姿を見かけました。男の子はススキ花火、女の子は線香花火がお気に入りのようです。

続きを読む

蓮

小座(おざ)の野池に、蓮の花が咲いていました。大きな濃緑の葉が池いっぱいに広がり、淡い花の色を一層引きたてています。

続きを読む

雨上がりの風

雨上がりの風

ようやく梅雨が明け、久しぶりの青空です。肌寒かった先週が嘘のように、今日は汗ばむ一日でした。

続きを読む

紫陽花と蜜蜂

紫陽花と蜜蜂

会社の近く、道脇の垣根に、ガクアジサイが咲いていました。曇り空の下で一際目をひく青い花は、梅雨のジメジメした嫌な気分を少しの間忘れさせてくれました。

続きを読む

雨鳴き

雨鳴き

晴れの国岡山にも、6月後半には恵みの雨が降り、本社近くの田んぼは生気を取り戻したようです。

続きを読む

ライトパレード

ライトパレード

岡山県には、3本の大きな川が、中国山地から瀬戸内海に向かって流れています。そのうちの一つである吉井川の支流には、ホタルの名所がいくつもあります。

続きを読む

栗の花と蜜蜂

栗の花と蜜蜂

みつばち農園に向かう途中、遠目にもわかる房状の白い花が咲いていました。近づいてみると、蜜源植物の1つである栗の花でした。

続きを読む

雨季の風物詩

雨季の風物詩

会社から少し北にある水田地帯で、田んぼの傍にある木の枝にクリーム色の泡の塊を見つけました。これまで見たこともない不思議な物体はなんと、モリアオガエルの卵なのだそうです。

続きを読む

生き物の息吹

生き物の息吹

鏡野町にある流通団地を通っていると、まるで絨毯の様に薄紫色の植物が広がっていました。「ラベンダーだろうか?」と思いながら近づいてみると、マメ科の牧草として知られるヘアリーベッチです。

続きを読む

撫子の季節

撫子の季節

野山は万緑の季節へと移り、会社の花壇では撫子の花が盛りです。ふと、撫子はススキや桔梗と同じ、秋の七草の一つだったことを思い出しました。

続きを読む

滝の裏から

滝の裏から

先日、鏡野町の北のはずれ、上齋原にある岩井滝に行ってきました。中国山地の懐深く、吉井川源流の山道を辿ると、沢のせせらぎや野鳥の声が近くに聞こえてきます。

続きを読む

こいのぼり

こいのぼり

5月5日の子供の日は、雲一つない青空が広がっていました。農家の庭先では、五月の気持ちの良い風を孕んでこいのぼりが泳いでいました。

続きを読む

秘密の花園

秘密の花園

天気の良さに誘われて、行き先を決めないドライブを楽しんでいると、走り慣れた国道の脇に、森へ続く細道を見つけました。

続きを読む

水芭蕉

水芭蕉

平地は、すっかり暖かくなりました。少し足を延ばし、鏡野町の北部にある岡山県立森林公園に行ってみると、水芭蕉の花が咲いていました。

続きを読む

葉桜になるころ

葉桜になるころ

鏡野町ではいつの間にか花の季節が終わり、桜の葉が目立ち始めました。新しい葉は淡い色から瑞々しい黄緑色へと変わり、あっという間に山の彩りは初夏へと向かっていきます。

続きを読む

れんげ

れんげ

岡山県北部の鏡野平野では今年もピンク色のれんげ田が広がっています。

続きを読む

桜と菜の花

桜と菜の花

会社の近くを流れる香々美川のほとりに、桜と菜の花が咲き誇っていました。空と川の青が花々のコントラストを一層強めています。

続きを読む

カタクリの花

カタクリの花

鏡野町では春本番を迎えております。

続きを読む

菜の花

菜の花

麗らかな春の日差しが嬉しい季節となってきました。香々美川の川向うの畑では、今年も菜の花が満開になっています。

続きを読む

「ハコベ」

「ハコベ」

鏡野町では、2月の寒さが嘘のように、暖かな日差しを感じられるようになりました。近くの児童公園を散歩していると、足元のハコベに、ミツバチがせっせと通い、花粉を集めているのに気がつきました。

続きを読む

蕗の薹(フキノトウ)

蕗の薹(フキノトウ)

下斎原は中国山地の山間にある落ち着いた山里です。今年は雪が少なめでしたが、ここら辺りではまだかなり雪が残っています。

続きを読む

勝山のお雛祭り

勝山のお雛祭り

当社がある鏡野町のお隣、勝山町に、母とむすめと3人で行ってきました。

続きを読む

梅とミツバチ

梅とミツバチ

梅の花がやっと咲き始めました。いつもの年よりも少し遅いような気がします。梅の香りに誘われて、ミツバチが飛んできていました。

続きを読む

茅葺屋根

茅葺屋根

鏡野町には富という地域があります。鏡野町の北に位置する富は、雪深い地域なのですが、この日は天気も良く、茅葺屋根の雪も溶け始めていました。

続きを読む

雪の朝

雪の朝

目が覚めると、外は一面の雪景色でした。二月になってからの雪はもう春の雪、重たい雪が降り積もっています。

続きを読む

オリオン

オリオン

ふと見上げた夜空にひときわ輝くオリオン座。冬の星座の中で、一目見てわかるのはこれだけです。あの砂時計のような形を認めた時に、真冬だなと感じます。

続きを読む

畑のチューリップたち

畑のチューリップたち

お昼の休憩中、散歩がてら会社の周りを歩いていると、農家の前庭に、ぽこぽこと丸いかたまりがあるのを見つけました。いったいなんだろうと思って近づいてみると、藁のはちまきをしてチューリップのようになっている白菜たち。

続きを読む

氷柱(つらら)

氷柱(つらら)

鏡野町の北には奥津温泉郷があります。そこから越畑地区へ抜ける道は、めったに車が通りません。峠越えの切り通しで、今まで見たこともないような氷柱(つらら)を見つけました。

続きを読む

小正月

小正月

お正月行事を締めくくる「とんど焼き」。今年は14日の成人の日に行われたところが多かったようです。日が傾き始めた午後の三時過ぎ、正月のお飾りや書初めを持って、近所の人たちが集まってきました。

続きを読む

七草粥

七草粥

当社のある鏡野町の香々美地区の公民館では、書き初めや生け花の展示とともに、近所のおばさま方が七草粥をふるまってくれます。

続きを読む

朝焼けに染まる

朝焼けに染まる

いつもより少し早目に家を出ました。鏡野に向かって道路を直進していると、ちょうど朝日が昇り始めるところでした。

続きを読む

根雪の里

根雪の里

鏡野町では、この冬に入ってから何度目かの雪が降りました。平野部では、少し日が差してくると消えてなくなってしまうほどの雪ですが、国道179号線を鳥取の方に上っていくと、雪の残り方が違ってきます。

続きを読む

冬道の出会い

秋の日差しを浴びて

舗装してない道を養蜂場へ向かうと、思いがけないところから大きな鳥が飛び立ちました。羽の大きさは両手を拡げたほどもあります。

続きを読む

冬木立

冬木立

本社より北へ20キロほどのぼると、上斎原という集落があります。 車が山を登るにつれて、フロントガラスにたたきつけられる雨がみぞれに変わりました。

続きを読む

山霧

山霧

雨上がりの早朝には、深呼吸をしているかのように、山肌から静かに水蒸気が立ち登ります。 急に冷え込んだ夜が明けて、鏡野から見える中国山地の頂きは初雪を迎えていました。

続きを読む

マジックアワー

マジックアワー

寒くなり始め空気が澄んできました。 日没後の西の空は、茜色から濃紺へと刻々と変化していきます。

続きを読む

干し柿

干し柿

会社の近所に立派な柿畑があります。大方収穫が終わり、干し柿にならない熟柿だけが枝に残っていました。 家の裏に回ってみると、おばあちゃんたちが集まって、ワイワイガヤガヤと世間話をしながら、手際良く柿を剥いています。

続きを読む

秋の日差しを浴びて

秋の日差しを浴びて

晩秋の一日、森林公園を歩いてきました。岡山県では、標高800mを超えるとブナ帯が広がっています。

続きを読む

本社屋から見る紅葉

本社屋から見る紅葉

本社屋の2階から窓の外に目をやると、社屋周辺に植樹した木々が紅葉し始めているのが見えました。

続きを読む

空の色と柿の色。

空の色と柿の色。

肌寒くなってきた風が、そのコントラストを一層強くします。 このつやつやとした西条柿が、皮を剥かれて軒先に吊るされるのも、もうすぐです。

続きを読む

シラサギの白

シラサギの白

稲が刈り取られた田んぼでは、シラサギの集団を良く見かけます。 広々とした田んぼは、虫やカエルを捕まえやすいのでしょうね。

続きを読む

秋桜畑に泣きにきた

秋桜畑に泣きにきた

だんだんと陽が短くなり、寒くなる秋。 長袖の出番も増えて、朝夕はすっかり冷え込むようになってきました。 会社近くの原っぱで、一面の「秋桜(コスモス)」が咲いているのを見つけました。

続きを読む

越畑りんご園

越畑りんご園

会社近くを流れる香々美川の、源流に近い山ふところにあるりんご園。 ここから奥は民家はなく、うっそうとした深い森があるばかりです。 広い園内にはフジや王林などりんごの木が180本ほど植えられています。20年以上は経っていると思われる太い木の枝にりんごがたわわに実っていました。

続きを読む

稲架掛け(はざかけ)

稲架掛け(はざかけ)

稲刈りが終わった田んぼで、稲架掛けをしているのに出会いました。 刈って束ねた稲を乾かす昔ながらの光景です。雨に当たっても自然に水が流れ落ちる様に、穂を下にして掛けてあります。鏡野町近辺の方言では「はでかけ」と呼びますが、このような風景を目にする機会は最近では少なくなりました。

続きを読む

月明かりのダム

月明かりのダム

奥津湖は、2005年に出来上がった苫田ダムの人工湖です。 出来たばかりの頃は、削り取った山肌が見えて、いかにも人工的だったのですが、周りの木が大きくなるにつれて、やっと落ち着いた風景となってきました。

続きを読む

ひとときの芸術

ひとときの芸術

日中の日差しに夏の名残を感じながらも、秋の気配も色濃くなってくる季節になりました。 田んぼの中を通り抜けるようにして通勤していると、周囲の風景から季節のちょっとした変化を感じることができます。

続きを読む

イチジク

イチジク

会社の片隅に古いイチジクの木が二本あります。 ぼちぼち食べごろが近づいてきました。 イチジクは、「無花果」と書きますが、花は実の内側に咲いていて、外からは見えません。なんとも不可思議な植物ですね。

続きを読む

田んぼから打ち上げる花火

田んぼから打ち上げる花火

鏡野・香々美川を少しさかのぼると藤屋という地区があります。 8月15日、「藤屋」では初盆を迎えた家族が、灯篭を流します。 灯篭流しの最後には、花火が打ち上げられました。

続きを読む

エコスクール

エコスクール

太陽がさんさんと降り注ぐ8月。ミツバチに負けないくらい、元気な子供たちが鏡野町にある養蜂場に集まりました。山田養蜂場では、毎年、夏に養蜂体験教室「エコスクール」を実施しています。

続きを読む

稲の花

稲の花

風が止まり、気温は36度、ちょっと外に出ただけで、汗が吹き出します。しかし、この暑さでも田んぼの稲は、熱帯原産らしい逞しさで、すくすくと伸びています。

続きを読む

グリーンカーテン

グリーンカーテン

鏡野町は日中うだるような暑さです。外を歩くだけで汗だくになり、タオルが手放せません。 当社に来られたお客様に、見た目で涼しさを感じていただけるよう、玄関横にゴーヤのグリーンカーテンを作りました。

続きを読む

コガタスズメバチ

コガタスズメバチ

トックリ型の巣を会社の中庭で見つけました。そこに、大きめのハチが入っていきました。 巣の形で「コガタスズメバチ」であることが分かります。コガタスズメバチは女王蜂が一匹だけで越冬をして、最初は女王蜂が独力で写真のような巣を作り上げて、20匹足らずの働き蜂を育てています。

続きを読む

地蔵踊り

地蔵踊り

7月も終わりに差し掛かるころ、鏡野町の新町(しんまち)地蔵堂前では毎年「地蔵踊り」が行われます。約400年も前から受け継がれている地蔵踊りは、町指定の無形民俗文化財にも指定されています。

続きを読む

ネムノキ

ネムノキ

ネムノキの花が咲くと、いよいよ本格的な夏が来たなという気がします。七月は意外にも、野山に花が少ない月で、ミツバチも苦労して蜜や花粉を集めています。

続きを読む

ホタルの光

ホタルの光

中谷川が吉井川に合流する少し上流の地域に、古実里(ぞんぞり)という珍しい地名があります。むし暑い一日が終わり少し涼しくなるころ、ホタルを見に行ってきました。

続きを読む

岩井滝

岩井滝

大きな深呼吸で、瑞々しい空気を胸いっぱいに吸い込みました。目を閉じても、開いても、新緑の樹々が放つ精気を感じられます。
滝から流れてくる細かい霧が、首筋をひんやりと冷やしてくれました。

続きを読む

レンゲ

レンゲ

当社がある岡山県苫田郡鏡野町は美作地方に属します。中国山地に囲まれた美作平野は岐阜や宮崎と並ぶ日本の三大レンゲ産地のひとつでした。

続きを読む

辛夷

辛夷

難解語辞書に出てきそうな名前ですが「コブシ」です。奥津地区にある蕎麦屋さんの庭に咲いていました。 別名を「田打ち桜」というそうですが、コブシの花が咲けばいよいよ田んぼの仕事が始まる、という農耕を中心とした時代の響きがあります。

続きを読む

雪解け水

雪解け水

中国山地の山々に積もった雪が解けて、吉井川の源流に流れ込み、水量が増えた奥津渓は荒々しく水しぶきをあげています。
轟々と落ちる豪快な音には、いつまでも聞いていたいような心地よさを感じます。

続きを読む

静落日寂

静落日寂

春分の日も過ぎ、これから太陽の時間が長くなってきます。
津山市とちょうど境にある、小さな峠からは、この時期だけ、太陽が木々の隙間に沈んでいく光景を見ることができます。先日から、なんどか足を運びましたが、天気が悪い日が続いてしまいました。

続きを読む

梅

今年は立春が過ぎてからも雪が舞う日が多く、なかなか気温が上がりませんでした。
さすがにここ数日は、霙や雨に変わっていますが、梅の蕾はまだ開き始めたばかりです。

続きを読む

奥津温泉湯気まつり

奥津温泉湯気まつり

岡山県鏡野町の奥津温泉で行われた「湯気(ゆき)まつり」。
温泉の湯気と雪を同時に楽しむというのが、このお祭りのテーマだそうです。

続きを読む

恩原高原氷紋まつり

恩原高原氷紋まつり

2月4日に恩原高原のスキー場で「氷紋まつり」が開催されました。
氷紋というのは、恩原湖が凍ったり溶けたりしながらできる丸い氷の紋のことです。

続きを読む

春を告げる花

春を告げる花

立春を過ぎても鏡野はまだ雪が降る寒さです。それでも少しずつ春が近づいてきているのでしょうか。
近所の家の庭先に雪を冠った「蝋梅(ロウバイ)」を見つけました。

続きを読む

赤い実

赤い実

遠くの山々が真っ白に輝き、晴れた日でも平野部に雪が舞います。毎朝氷点下になる日々ですが、みつばち農園の苺ハウスの中は別天地です。
中に入ると、25度前後の春の陽気が感じられ、イチゴの甘い香りが漂ってきます。

続きを読む

大寒のミツバチ

大寒のミツバチ

昨年は大雪が降り、気温もマイナス9度まで下がった鏡野の養蜂場ですが、今年はそこまで寒くはならないようです。
花がないこの時期、ミツバチは外に出ませんので、巣箱に保温シートをかぶせて越冬します。

続きを読む

夜空

夜空

日が暮れる頃から冷え込みがまた厳しくなってきて、会社を出るとコートを突き抜ける寒さが待っていました。

続きを読む

雪のち雪

雪のち雪

謹んで、新年のご挨拶を申し上げます。
本年も、この「鏡野だより」を通じて、皆さまに鏡野の情景をお伝えできればと思っております。

続きを読む

児童養護施設訪問

鏡野町に隣接する津山市には、様々な事情で家族と一緒に過ごせない子供たちが暮らす3つの児童養護施設があります。
クリスマスを目前にした18日、当社の従業員が、サンタクロースやトナカイに扮して、90冊の本とクリスマスプレゼントを児童養護施設の子供たちに届けました。

続きを読む

イルミネーション

クリスマスが近くなりました。都会のような派手なものはありませんが、町を歩けば可愛らしいイルミネーションが飾り付けられているのが見つけられます。色鮮やかな光を見ていると、何歳になっても心がウキウキしてきます。

続きを読む

初雪

今朝、遠くの山にうっすらと初雪が降りました。ちょっと陽が差すと、すぐに溶けそうな雪でしたが、いよいよ本格的な冬がやってきたようです。

続きを読む

がいだとはっとうじ

ここ数日で、急に冷え込みが厳しくなり、出勤前に車のフロントガラスにお湯を掛けています。
さて、タイトルを見て、何のことか解る人は、岡山周辺の県の出身ではないでしょうか。「ガイダ」と「ハットウジ」これらは、あの臭い昆虫「カメムシ」の呼び名なのです。皆さまのお住いの地方でも、色々な呼び方をされると思います。私たちは、「ガイダ」と「ハットウジ」どちらも使いますが、県外から入社した人には全く通じません。

続きを読む

かがみのハーフマラソン&健康マラソン大会

好天に恵まれた11月13日(日)、地元鏡野町内で「第6回かがみのハーフマラソン&健康マラソン大会」(主催:鏡野町、鏡野町教育委員会)が開催されました。

続きを読む

冬が近い

11月に入ってもなかなか気温が下がらなかった鏡野町は、ようやく朝晩が冷えてきました。

続きを読む

紅葉狩り

農家の軒先に、干し柿が吊るされるようになると、空の色が一層青みを増してきます。遠くの山々がそろそろ色づいてまいりました。

続きを読む

干し柿

鏡野町では、ほとんどの農家の庭先に、柿の木が植えてあります。
西条柿の実が色付いてくると、いよいよ秋の深まりを感じます。

続きを読む

コスモスが見ごろを迎えました。

鏡野町では、道路脇や田畑など、あちらこちらでコスモスが咲き、見ごろを迎えています。すっきりと晴れた青空に向かって、すっと伸びるコスモスのピンクが、目に眩しく映ります。

続きを読む

稲刈り

黄金色になった稲穂が頭を垂れる9月から10月頃、鏡野町内の田んぼでは次々と稲が刈られていきます。かつては、子供たちは稲刈りのために学校を休み、近所の方が集まって、にぎやかに稲刈りをしたものですが、現在はコンバインで一気に刈り取ることが多くなりました。

続きを読む

かかし祭り

実りの秋もたけなわとなると、奥津温泉の道の駅には、ユーモラスな案山子(かかし)が立てられ、毎年恒例となった「かかし祭り」が開催されています。
黄金色に輝いていた稲穂は、ほとんど刈り取られた跡ですが、ほのぼのとした表情の案山子が立っている風景には、なにか心をなごませられるものがあります。

続きを読む

スズメバチ

秋風が吹き始めるころになると、養蜂場の巣箱には、招かれざる客が大勢でやってきます。
ミツバチの最大の天敵「オオスズメバチ」です。日本には9種類のスズメバチが生息していますが、巣箱の中にまで入り込んで、ミツバチの幼虫や蛹を根こそぎ掠奪していくのは、このオオスズメバチだけです。

続きを読む

総合学習

2005年より毎年、地元、鏡野町立香々美小学校の4年生の子供たちが、「総合学習」のを時間に当社を訪れます。今年は、7月から10月中旬までの間、6回に分けて、山田養蜂場のコールセンターや、製造、出荷、店舗などさまざまな業務の職場体験をします。

続きを読む

彼岸花

香々美川を遡ると、山に貼り付くように拓かれた棚田が現れます。その畦は毎年、お彼岸が近づくと真っ赤に染め上がります。

続きを読む

第5回「納涼祭」

昼間の雨がすっかり上がり、鏡野町の本社敷地内で開催された納涼祭。
地元の方々や従業員の家族、約900名が集まりました。

続きを読む

実は、真夏は花が少ない季節です。

平野部では、7月はほとんど花のない季節。ミツバチは蜜を集めることが大変です。そんな中、8月に咲き始めるカラスザンショウの花は、ミツバチに潤いを与えてくれます。

続きを読む

「津山ごんご祭り」が開催されました。

先日の8月6日・7日、鏡野町のお隣、津山にて「津山ごんご祭り」が開催されました。

続きを読む

養蜂体験教室「エコスクール」

夏は養蜂体験教室「エコスクール」の季節。初めて見るミツバチの群に、歓声が上がります。自分で巣板を持ってみたがる子もいました。

エコスクールのページはこちら

続きを読む

新コンテンツ『鏡野便り』が始まりました。

山田養蜂場がある岡山県鏡野町から、養蜂場の風景や四季折々の行事、身近な出来事などを写真でお伝えしていきます。

続きを読む

最近の記事
2017年6月28日
タチアオイの立ち姿
2017年6月21日
ホタルの水辺
2017年6月14日
シラガタロウ
2017年6月7日
梅雨の足音
2017年5月31日
ヒメジョオンにはベニシジミ
2017年5月24日
田んぼの色
2017年5月17日
ポピーにミツバチ
2017年5月10日
道路にパンジー
2017年4月26日
綿毛の行き先
2017年4月19日
春の詰め合わせ
2017年4月12日
万葉の道
2017年4月5日
苔の花
2017年3月29日
ムスカリに招かれて
2017年3月22日
ウメにミツバチ
2017年3月15日
イチゴ狩り
2017年3月8日
ヒラメ漁解禁
2017年3月1日
残雪に水仙
2017年2月15日
クマ出没注意
2017年2月8日
雪の日のエリマキトカゲ
2017年2月1日
雪の中の巣箱
2017年1月25日
日上山城(ひかみさんじょう)
2017年1月18日
雪の中の羊たち
2017年1月11日
山里の冬
2016年12月28日
奥津湖夕照
2016年12月21日
冬の星座
2016年12月14日
鏡野は海の底
2016年12月7日
46億年地球の道
2016年11月30日
現代アートとミツバチ
2016年11月22日
紅葉が散る前に
2016年11月16日
朝時雨
2016年11月9日
ふるさと村は秋深し
2016年11月2日
金色の針
2016年10月26日
熟柿
2016年10月19日
紫苑(シオン)咲く庭
2016年10月12日
雑草庭園
2016年10月5日
不思議な煙突
2016年9月28日
大野橋
2016年9月21日
彼岸花の土手
2016年9月14日
すすきの原っぱ
2016年9月7日
唐音の滝
2016年8月31日
晩夏を彩る
2016年8月24日
名残りのヒマワリ
2016年8月18日
お涼み会
2016年8月10日
ブルーアイズ
2016年7月27日
オニユリ
2016年7月20日
ノウゼンカズラ
2016年7月13日
青いリンゴ
2016年7月6日
玉ねぎの保存
2016年6月29日
ガクアジサイに蝶
2016年6月22日
梅雨の晴れ間
2016年6月15日
万緑の渓谷
2016年6月8日
蛍との時間
2016年6月1日
へこくら橋から
2016年5月25日
ウサギの耳のラベンダー
2016年5月18日
スカンポとジャワ更紗
2016年5月11日
中林の滝(ちゅうりのたき)
2016年4月27日
山中の鯉のぼり
2016年4月20日
山はツツジ色に
2016年4月13日
山笑う
2016年4月06日
温かな風景
2016年3月30日
黄色の海
2016年3月23日
森の中に花壇
2016年3月16日
クロッカスに誘われて
2016年3月9日
水仙はナルシスト
2016年3月2日
浅き春
2016年2月24日
ミツマタの花
2016年2月17日
ホトケノザ
2016年2月10日
雪上のレッドカーペット
2016年2月3日
雪の奥津渓
2016年1月27日
初冠雪
2016年1月20日
真冬の蓮池
2016年1月13日
冬の夜明け
2016年1月6日
冬の花に飛ぶ
2015年12月24日
モズ
2015年12月16日
クロガネモチ
2015年12月9日
お鍋の名脇役
2015年12月2日
もうすぐ冬籠り
2015年11月25日
冷え込む山頂から
2015年11月18日
小さい冬見つけた
2015年11月11日
冷たい風で甘くなる
2015年11月4日
ユリノキ
2015年10月28日
秋桜
2015年10月21日
道端の花壇
2015年10月14日
どろんこの稲刈り
2015年10月7日
シラサギの好物
2015年9月30日
おい!紅葉
2015年9月24日
真っ赤な彩に誘われて
2015年9月16日
黒紫の宝玉
2015年9月9日
空に栗坊主
2015年9月2日
収穫のその時まで
2015年8月26日
夏の名残
2015年8月19日
夏から秋へ
2015年8月12日
きいろとくろの縞模様
2015年8月5日
はちみつソフト
2015年7月29日
はす池
2015年7月22日
夏の蛙
2015年7月15日
江戸を知る大イチョウ
2015年7月8日
滝の裏側
2015年7月1日
暗闇の主役
2015年6月24日
夏の楽しみ
2015年6月17日
泥の笑顔
2015年6月10日
カクテル
2015年6月3日
お洒落な木
2015年5月27日
スポーツの輪
2015年5月20日
ニホンカワトンボ
2015年5月13日
綿毛のたんぽぽ
2015年5月7日
山の僧侶
2015年4月30日
残り鴨
2015年4月22日
泉山
2015年4月15日
はじまりの季節
2015年4月8日
ミツバチの季節がやってきた
2015年4月1日
小さな春
2015年3月25日
残雪の夕日
2015年3月18日
思いでつくし
2015年3月11日
春の匂い
2015年3月4日
春は黄色からやってくる
2015年2月25日
ミツバチと梅とミツバチおじさん
2015年2月18日
雪残る国境
2015年2月12日
オリオンの赤い星
2015年2月4日
夜明け
2015年1月28日
「苺」という字の中に「母」がいる
2015年1月21日
紅色探し
2015年1月14日
たたらの里
2015年1月7日
冬のサイン
2014年12月24日
赤色のリフト
2014年12月17日
シクラメンの鉢
2014年12月10日
鍵湯
2014年12月3日
枡形山(ますがたやま)からの展望
2014年11月26日
一歩
2014年11月19日
柿すだれと干し柿名人のおじいちゃん
2014年11月12日
晩秋の渓谷
2014年11月5日
新月の日
2014年10月29日
曇天の雲
2014年10月22日
虹のとらえ方
2014年10月15日
金木犀
2014年10月8日
キバナコスモス
2014年10月1日
秋の岩井滝
2014年9月24日
どんぐり
2014年9月17日
秋の風
2014年9月10日
秋の夕暮れ
2014年9月3日
ケリ
2014年8月27日
晩夏を彩る
2014年8月20日
向日葵(ひまわり)
2014年8月12日
緑のかおり
2014年8月6日
手を伸ばせば
2014年7月30日
生命の森の木漏れ日
2014年7月23日
空蝉(うつせみ)
2014年7月16日
雨上がりの公園
2014年7月9日
ネムノキ
2014年7月2日
花壇の砂糖菓子
2014年6月25日
七変化
2014年6月18日
初夏の夜の出会い
2014年6月11日
梅雨の匂い
2014年6月4日
ひと時の水鏡
2014年5月28日
ヘアリーベッチとみつばち
2014年5月21日
青空と麦畑
2014年5月14日
雷神さま
2014年5月7日
春の名残
2014年4月30日
ウワミズザクラ
2014年4月23日
春を楽しむ
2014年4月16日
醍醐桜
2014年4月9日
ミツバチの自然巣
2014年4月2日
はじまり
2014年3月26日
桜のピンク
2014年3月19日
梅の花
2014年3月12日
春の準備
2014年3月5日
なかよし風車
2014年2月26日
膨らむ芽
2014年2月19日
春待ちの夕暮れ
2014年2月12日
中庭の仔犬
2014年2月5日
名残の山茶花
2014年1月29日
雪と蝋梅
2014年1月22日
冬の岩井滝
2014年1月15日
二十歳の貫禄
2014年1月8日
新年の朝
2013年12月25日
クリスマス
2013年12月18日
なんてん
2013年12月11日
紅葉の散るころ
2013年12月4日
囲炉裏とヒラメ
2013年11月27日
花梨の実
2013年11月20日
秋の絨毯
2013年11月13日
冬の足音
2013年11月6日
落ち葉とサワガニ
2013年10月30日
秋の虹
2013年10月23日
見上げれば紅葉
2013年10月16日
キンモクセイの香り
2013年10月9日
秋は夕暮れ
2013年10月2日
収穫
2013年9月25日
彼岸花
2013年9月18日
嵐の後
2013年9月11日
蕎麦畑
2013年9月4日
雲の観察
2013年8月28日
木の上のいたずらっ子
2013年8月21日
みつばち教室
2013年8月16日
天人淵
2013年8月7日
ヒラタクワガタ
2013年7月31日
夏の花
2013年7月24日
2013年7月17日
雨上がりの風
2013年7月10日
紫陽花と蜜蜂
2013年7月3日
雨鳴き
2013年6月26日
ライトパレード
2013年6月19日
栗の花と蜜蜂
2013年6月12日
雨季の風物詩
2013年6月5日
生き物の息吹
2013年5月29日
撫子の季節
2013年5月22日
滝の裏から
2013年5月15日
こいのぼり
2013年5月8日
秘密の花園
2013年5月1日
水芭蕉
2013年4月24日
葉桜になるころ
2013年4月17日
れんげ
2013年4月10日
桜と菜の花
2013年4月3日
カタクリの花
2013年3月27日
菜の花
2013年3月19日
「ハコベ」
2013年3月13日
蕗の薹(フキノトウ)
2013年3月6日
勝山のお雛祭り
2013年2月27日
梅とミツバチ
2013年2月20日
茅葺屋根
2013年2月13日
雪の朝
2013年2月6日
オリオン
2013年1月30日
畑のチューリップたち
2013年1月23日
氷柱(つらら)
2013年1月16日
小正月
2013年1月9日
七草粥
2012年12月26日
朝焼けに染まる
2012年12月19日
根雪の里
2012年12月12日
冬道の出会い
2012年12月5日
冬木立
2012年11月28日
山霧
2012年11月21日
マジックアワー
2012年11月14日
干し柿
2012年11月7日
秋の日差しを浴びて
2012年10月31日
本社屋から見る紅葉
2012年10月24日
空の色と柿の色。
2012年10月17日
シラサギの白
2012年10月10日
秋桜畑に泣きにきた
2012年10月3日
越畑りんご園
2012年9月26日
稲架掛け(はざかけ)
2012年9月19日
月明かりのダム
2012年9月12日
ひとときの芸術
2012年9月5日
イチジク
2012年8月29日
田んぼから打ち上げる花火
2012年8月22日
エコスクール
2012年8月16日
稲の花
2012年8月8日
グリーンカーテン
2012年8月1日
コガタスズメバチ
2012年7月25日
地蔵踊り
2012年7月18日
ネムノキ
2012年6月20日
ホタルの光
2012年6月6日
岩井滝
2012年5月30日
レンゲ
2012年4月25日
辛夷
2012年4月18日
雪解け水