【ご案内】システムメンテナンス(一部)に関するお知らせ

2017年8月18日(金)AM1:00〜3:00頃

上記の期間中は、一部のサービスがご利用いただけない場合がございます。 詳しくはこちら
日頃ご愛顧いただいておりますお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

植樹活動

内モンゴル植樹活動

2005年 横浜国立大学との共同植生調査・植樹(プロジェクト)

植樹の様子

当社では、社会貢献活動の一環として、国内外の植樹活動を行っています。これまでもネパール、内モンゴル、社屋周辺などでの植樹を実施してまいりました。本活動は、砂漠化が進む内モンゴルの緑を復活しようとの考えから、植物生態学の権威である宮脇昭氏((財)国際生態学センター所長)に協力を仰ぎ、横浜国立大学と共同で、2002年より現地の植生調査を行なっているものです。

  • 左から二人目が、宮脇昭氏。右から二人目が当社代表の山田英生。

    左から二人目が、宮脇昭氏。右から二人目が当社代表の山田英生。

内モンゴル林西県植樹概要

植樹日
2005年6月19日
参加者
日本側参加者 40名、中国側参加者 260名
植樹場所
中国・内モンゴル自治区林西県
植樹本数
合計50,000本
樹種
  • リョウトウナラ

    11,500本

  • アンズ

    2,000本

  • シモツケ

    2,000本

  • アブラマツ

    500本

  • イワクロウメモドキ

    2,000本

  • モンゴルナシ

    2,000本

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばちライブカメラ
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園