【ご案内】システムメンテナンスに関するお知らせ

2017年3月28日(火)AM0:00〜7:00頃

上記の期間中は、システムメンテナンスのため、サイトをご利用いただけません。
日頃ご愛顧いただいておりますお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申しあげます。

世界遺産保護活動

世界遺産保護に命を懸ける人たちとともに、未来の子供たちの学びの場を残していきたい。

世界遺産には、生命の多様性や、すべての生命体は自然環境に支えられていることを教えてくれる「自然遺産」と、様々な文化や民族の違いと共通点を通して、地球人としての意識を学ぶことができる「文化遺産」があります。
今の人類が抱える課題である「国際理解」や「世界平和」、「環境問題」を考える時、私たちはこの「生きた教科書」から、様々なことを学べます。
山田養蜂場では、世界遺産保護活動として、現地を訪問し、活動家との対話を通して、彼らが本当に必要としているものを、微力ながら支援しています。

ルーマニア 「ドナウ・デルタ」

ドナウ・デルタは、1991年に、自然遺産として登録された、黒海に注ぐドナウ河の河口部分の呼称で、5470平方キロメートルの広大な湿地帯です。ハイイロペリカンを筆頭に鳥類や動物、魚類などの野生の生き物が多数生息しています。
1999年5月に現地を訪問した弊社代表は、現地の保護委員会が機能しない中で、私財を投げ打ってまで活動を続ける元保護官チェイカ・タナセ氏(通称ティティ氏)の使命感に共感し、絶滅の危機に瀕しているハイイロペリカンを保護するために、巡回用ボートや四輪駆動車を贈り、繁殖地の柵を設置する支援を行いました。その後、2001年には、ドナウ・デルタ保護委員会の保護官となったティティ氏が、保護活動をより確固たるものにするために立ち上げたNGO 「SOSドナウ・デルタ」を支援するなど、ドナウ・デルタを守る環境整備に関わってきました。

  • 弊社代表(左)と保護官のティティ氏

    弊社代表(左)と保護官のティティ氏

  • ボートのプラットフォームを設置

    ボートのプラットフォームを設置

ペルーの「ワスカラン国立公園」

アンデス山脈第二の高峰で、ペルー最高峰のワスカラン山南峰(標高6768m)を含むワスカラン国立公園は、1985年に世界遺産に登録されました。
緯度は熱帯地域に位置しながら、周辺には30の氷河と100を越える氷河湖があり、高山植物が見られるのが特徴です。
この国立公園では、ビクーニャをはじめとする希少な野生動物の密猟者を取り締まるパトロール車が「廃車寸前になっている」ことを知り、1998年にペルー環境庁に最新の四輪駆動車を寄贈しました。日本からの輸出にあたっては、トヨタ自動車と三井物産の全面的なご協力をいただきました。

  • 弊社代表(左)と保護官のレネ所長

    弊社代表(左)と保護官のレネ所長

世界遺産条約とは
1972年にユネスコ総会で採択された「世界遺産条約」。2009年4月現在、締約国数は、186カ国で、日本は、1992年に125番目の締約国として仲間入りした。これまで対立するものとして考えられてきた「自然」と「文化」を、人類全体の宝物として損傷、破損等の脅威から保護し、関係機関が協力して調査・保全することの大切さをうたった条約です。
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園