この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

第2回 受賞作品

応募総数 3,163編(童話 2,484編/絵本 679編)

見たい作品名をクリックするとご覧いただけます。

[童話部門]

「おじいさんとぼくのミツバチ」
※(株)ポプラ社より出版。
多加山 悠哉 様(東京都)
※こちらの作品はあらすじのみのご紹介とさせていただきます。
※作品名が「おじいさんとミツバチ」から変更になりました。
主人公の拓郎は小学生。ある日、おじいさんが病気で入院をしてしまいます。それからは拓郎が毎週水曜日の午後、ひとりでおじいさんのお見舞いに行くことになります。拓郎はおじいさんがちょっと苦手でした。でも、病院へ行くたびに元気がなくなっていくおじいさんを見て、何とかしてあげたいと思うようになりました。
「甘いものを食べるといいらしい」というお母さんの言葉を小耳にはさんだ拓郎は、こっそり冷蔵庫からハチミツを持ち出します。おじいさんは結晶してジャリジャリしたハチミツが大好き。そっとスプーンで口に運ぶと、おじいさんはとても喜んで「また持ってきて」とねだります。
次に行くと、おじいさんは口の回りに少しこぼれたハチミツをハチがなめに来ると言うのです。窓を開けて、しばらく待つとブーンという音がして、ミツバチがやってきました。二人とも息を凝らして、ミツバチがおじいさんの口の回りについたハチミツを飲む姿を見守ります。
やがておじいさんは亡くなってしまいますが、拓郎は二人だけの秘密の出来事をいつまでも忘れることはできません。
「夏休みの宿題」
優秀童話賞
「夏休みの宿題」
吉村 健二 様(埼玉県)
「おぼろ月の夜」
佳作
「おぼろ月の夜」
橋本 嘉津栄 様(岡山県)
「花ちゃん」
佳作
「花ちゃん」
岡本 あけみ 様(大阪府)
「地図屋」
佳作
「地図屋」
野村 真由美 様(東京都)
「はちみつとやもりのわらう夜」
佳作
「はちみつとやもりのわらう夜」
杉本 康平 様(神奈川県)
「黄色の天使」
努力賞
「黄色の天使」
小宮山 幸菜 様(新潟県)

[絵本部門]

「スプーン1ぱいのはちみつ」
優秀絵本賞
「スプーン1ぱいのはちみつ」
絵 : 中村 三奈 様(大阪府)
文 : 稲本 幸男 様(京都府)
「お日さま堂のれんげゼリー」
佳作
「お日さま堂のれんげゼリー」
絵 : 田口 香奈子 様(茨城県)
文 : 宇内 悦 子 様(千葉県)
これまでの受賞作品
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園