【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

お日さま堂のれんげゼリー

受賞絵:田口 香奈子 様(茨城県) 文:宇内 悦子 様(千葉県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『お日さま堂のれんげゼリー』

山の南側の斜面に、小さいけれど良く日の当たる
「お日さま堂」という名前のお店がありました。
おじいさんは、毎年春のはじめから冬、雪がまうころまで、

お日さま堂ではたらいています。
店の奥には、はちみつやれんげゼリーをつくる工場がありました。

夏の間、お日さま堂は、店のたなに、
みつばちがれんげの花からあつめてきた、
はちみつや、はちみつでつくったれんげゼリーが
たくさんならんでいました。

花びらのように雪がまい、思い出がかたにとまるように、
雪が山の上につもりはじめるころには、
店のしなものは売りきれて、
お日さま堂は、店じまいして春を待ちます。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園