この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

お母さんの女王バチ

受賞岡崎 麻衣 様(埼玉県)

 阪神大しん災の朝、わたしは少しできたつくえのすきまでおきました。
 すると、ガレキが落ちたすきまから、ハチがはいってきました。
 わたしは、
「ハチはいいよね。じしんがあっても、元気で。」
 すると、ふしぎなことに、ハチがこうしゃべったのです。
「わたしは、女王バチです。すこしまっていて下さい。かならずあなたをたすけます。」
 そう言ってハチは、もと来た場所から帰りました。
 わたしは、もうダメだと思いましたが、ハチをしんじました。
 一日一日とすぎていき、もうダメ、と思ったそのとき、外のほうで、
「このハチの巣、こわさなきゃな。」
という声が聞こえました。
「ハチの巣。そうだ、あの女王バチだ。」
 次の日、ハチの巣を外でこわしています。
「ドン」
と、ぼうが見えました。
 すると外からおじさんが、
「あー。だいじょうぶ。」
と言いました。
 わたしは、
「たすかったんだー。」
と思い、外に出ました。
 ところが、けがひとつないのです。
 後ろを見ると、あの女王バチが、
「だいじょうぶ。けががないのは、あとでわかります。」
 そう言って、ハチはいなくなりました。

 少したってから、お父さんからかなしい知らせを聞きました。
「お母さんが、きのう亡くなったんだ。」
 きゅうにふしぎに思ってきました。
「もしかしたら、あのハチはお母さんの生まれかわりかもしれない。」
 そこでわたしは、おれいを言いたいと思いました。
 わたしは山にむかって
「お母さん、ありがとう。」
 そのあと、こんなきがした。
「どういたしまして。」

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園