カンボジア教育支援活動

2008年度カンボジア教育支援活動

トゥールプルム小学校地図

山田養蜂場は、「特定非営利活動法人 JHP・学校をつくる会(以下JHP)」と協働で、カンボジアのトゥールプルム小学校に新たな校舎を建設・寄贈しました。
2008年8月21日に行われた寄贈式には、教育省長官、JHP代表小山内美江子氏、弊社代表・山田英生に加え、日本からの学生ボランティア、現地の子供たちも参加し、総勢約800名で盛大な寄贈式が行われました。山田養蜂場とJHPでは、同小学校に「新校舎建設」・「美術教材配布」・「音楽・美術教育普及」なども支援しています。

小学校名は山田養蜂場ミツバチ小学校
この名前には、カンボジアの子供たちに、ミツバチのように皆が仲良く、勤勉に学んで欲しい、という想いが込められています。
小学校寄贈の場所はカンボジア・バッタンバン州・モンルッセイ郡・コッコーコミューン・トゥールプルム1村落
タイとの国境付近で、カンボジアの首都プノンペンから車で5時間の場所にあります。
授業の時間が大幅に増加
今回の寄贈により、もともと5教室しかなかったところに5教室が増えて、計10教室で授業が受けられるようになりました。
このため、これまで734人の小学生が3部制で授業を受けていたのが、2部制へと移行でき、授業を受けられる時間が大幅に確保できるようになりました。この結果、授業内容の充実を図ることができるようになりました。
日本の学生ボランティアも活躍と自身の学びに
JHPの活動で特徴的なのは、全ての活動に、日本の大学生を始めとする青年ボランティアが参加することです。小学校建設の際に、必ずボランティアによる「赤いブランコ」が建設されます。学生たちからは「助けてあげたい、と思って現地へ行くと、逆に学ぶことばかりでした」という声があり、学校建設の活動は、現地の子供たちのためだけではなく、参加する日本の若者の教育にもなっています。
  • 文房具を手渡す弊社代表の山田

    文房具を手渡す弊社代表の山田

  • 文房具を手に、笑顔の子供たち

    文房具を手に、笑顔の子供たち

  • ブランコで遊ぶ子供たち

    ブランコで遊ぶ子供たち

カンボジア教育支援事業実績

学校建設事業
カンボジアの子供たちの教育環境を整備するために、建設の要望を受けたトゥールプルム小学校に1棟5教室の校舎を建設し、併せて机、椅子、黒板などの備品を設置しました。また、付帯設備として、トイレ(1棟4室)と井戸、ブランコを建設しました。
教育支援事業
音楽や美術教育の普及のために、合唱指導、音楽コンテスト予選の開催、美術ワークショップ、絵画集作成、美術指導者の人件費などの支援をしています。
絵画教材支援事業
JHPが育成した教師が美術を教えている学校に対して、1校につき、50人分の教材を支援。2008年度は約18校を支援しました。
2008年カンボジア
8月隊派遣
JHPが掲げる「日本人の顔の見える活動」の実践として、2008年カンボジア8月隊(約26名)のうち、学生17名のボランティア派遣を支援しました。
支援物資輸送
各種教育支援事業を実施するために必要な教材、楽器、机椅子などをコンテナ輸送しました。

校舎建設から一年経ったトゥールプルム小学校の様子

トゥールプルム小学校児童インタビュー

  • ラタナー ソピアットラさん
  • モップ レカナーさん
  • ター ブントゥーンくん

トゥールプルム小学校教員インタビュー

  • チウン ソペンさん
  • スオン ビスナーさん

トゥールプルム小学校学校情報

合計:14クラス、607名、教員8名(9月29日現在)

  • ブランコで遊ぶ子供たち

    ブランコで遊ぶ子供たち

  • 井戸に集まる子供たち

    井戸に集まる子供たち

  • 校舎には、600人を超える子供たちが通い、学んでいる。

    校舎には、600人を超える子供たちが通い、学んでいる。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばちライブカメラ
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園