この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

蜂飼いマルク

受賞まうのすけ 様(北海道)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『蜂飼いマルク』

ここに 木箱をせおって旅をつづける 少年がひとり。

みじかい足で のんびり、ゆっくり。
ときどき 木箱を おろしてはなかのようすを たしかめる。
よほど だいじなものが はいっているのでしょう。

町へついた 少年は ひろばににもつを おろして カバンからびんに つめた ハチミツを とりだし道ゆくひとに 声をかけた。
「さぁさ! ぼくは 蜂飼いマルク!
ミツバチの つくった あまくて おいしいハチミツは いかが?」
ひとびとは たちどまり マルクのほうへよってくる。
「はちみつ? なんだね それは?」
「きいた ことが ないね」
おやおや、この町のひとは ハチミツをしらないらしい。
「ミツバチが つくったって?」
「虫けらに そんなことが できるもんか」
ざわめく ひとびとに、マルクは 木箱のふたをとって なかを見せた。
木の わくに びっしり ミツバチが はりつきうごめいている。
「これが ミツバチの巣です。
このなかに、みつ が つまっていて……」
マルクが せつめいを はじめる。
しかし ひとびとは 巣を きみわるがってどんどん はなれて いって しまった。

「まいったなあ…」
マルクを なぐさめるようにいっぴきのハチが かたに とまった。
マルクが つぶやく。
「しかたない。
はじめてのものに であったとき、たいていのひとは なれるのに時間が かかるもんさ」

マルクはまた 木箱をせおって町のなかを あるきはじめた。

マルクは ずっと こうしてきたのだ。
ハチミツを たくさんのひとにたべてもらう ために。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園