【ご案内】システムメンテナンスに関するお知らせ
2019年6月28日(金)AM0:00〜8:00頃
上記の期間中は、システムメンテナンスのため、サイトをご利用いただけません。
日頃ご愛顧いただいておりますお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申しあげます。

植樹活動

ネパール植樹活動

2013年ネパール植樹活動報告

2013年は、横浜国立大学名誉教授である宮脇昭先生(※1)のご指導のもと、現地の方と日本人ボランティアで、501本の植樹を行いました。

2013年の植樹活動

カトマンズ近郊のラヤレ村で、村人と、日本人ボランティアが協力して、本来ネパールに自生している木を501本植樹しました。ネパールでの植樹活動は2013年で15年目を迎え、これまでの植樹本数は約45万本になりました。

地図

2013年に植樹を行った地域

ラヤレ村第4地区ニングレパカコミュニティフォレスト(08〜12年の植樹場所)

参加者:約130人(うち、当社従業員ボランティアの参加15名)

「ふるさとの森」づくりをネパールでも広めています。

本年は、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生が提唱されている「ふるさとの木によるふるさとの森の再生」をネパールでも広めていくために、植樹祭の前日、宮脇昭先生による講演会を実施いたしました。当日は、横浜市立大学教授の藤原一繪(かずえ)先生、(※2)ネパールの研究者マヘンドラナススベディ(Mahendra Nath Subedi)先生にもご講演頂き、約100名のネパール政府関係者、現地の学校の先生・生徒などが熱心に耳を傾けていました。

翌日の植樹では、宮脇先生が村人へ植樹方法を説明し、日本人ボランティアと、村人たちが一緒になって植樹を行いました。

植樹祭前日の講演会の様子

植樹祭前日の講演会の様子

植樹祭で植え方を指導する宮脇昭先生

植樹祭で植え方を指導する宮脇昭先生

本年も教育支援・衣服の寄贈を行いました。

1.文房具・衣類の寄贈
従業員から集めた子供用衣類や当社商品の「みつばちクレヨン」をツアー参加者が持参して、ネパール国内でボランティア活動を行っているシャム・バハドゥル・ダンゴル氏へ寄贈しました。シャム氏を通じて、必要とされている子供たちに配布する予定です。
2.パソコンの寄贈
会社より、シャム氏が経営するふるさと日本語学校や地域の学校へ合わせて20台のパソコンを寄贈しました。子供たちや日本語を学ぶ方々に活用していただく予定です。
パソコンを受け取る学校の先生

パソコンを受け取る学校の先生

今後の展望について

本年は、来年以降の植樹に備えて、ビニールハウスの建設や種子の準備をすすめています。宮脇昭先生が提唱されている「ふるさとの木によるふるさとの森の再生」に基づいた土地本来の苗木を現地で育成することが目的です。来年度以降は世界遺産に登録された「チャングナラヤン寺院」周辺で、ふるさとの森の再生を行っていく予定です。一般の方にも植樹ツアーのご案内を予定しております。

世界遺産 チャングナラヤン寺院

世界遺産 チャングナラヤン寺院

※1.宮脇 昭先生 プロフィール

宮脇 昭先生
  • 1928年生まれ。国際生態学センター長。横浜国立大学名誉教授。
    ドイツ国立植生図研究所で潜在自然植生理論を学び、
    世界を舞台に国内外、1700ヶ所以上に、合計4,000万本を超える植樹を行ってきた。
  • 1991年 「日本植生誌」の完成で朝日賞受賞
  • 1992年 紫綬褒章受賞
  • 2006年 ブループラネット賞受賞
  • 2014年 「第5回 KYOTO地球環境の殿堂」殿堂入り

※2.藤原 一繪先生 プロフィール

藤原 一繪先生
1944年生まれ。横浜国立大学卒業。フランス中央研究機関(CNRS)、給費研究員(リール大学)、横浜国立大学環境科学研究センター助手などの経歴をもつ。現在、横浜国立大学名誉教授、横浜市立大学特任教授。宮脇 昭先生と共に国内外での森作りを指導。
著書に「混源植物」「環境問題を考える」(共著)「東南アジアの植物と農林業」(共著)「日本植生誌」全10巻(共著)など
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園