【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

植樹活動

ネパール植樹活動

2012年ネパール植樹活動報告

2012年も現地の方々の協力で、2012年8月から11月26日(月)にかけて60,852本を植樹することができました。

2012年の植樹活動

カトマンズ近郊のラヤレ村、チャパカルカ村の村人たちが中心となって、建材や燃料となるハンノキやマツ、成長すると実を販売できるラプシなどに加えて、ネパールヤマザクラやネパールトネリコ(ラクリ)など、本来ネパールに自生していた木を合わせて、60,852本を植樹しました。ネパールでの植樹活動は2012年で14年目を迎え、これまでの植樹本数は約45万本になりました。

地図

2012年に植樹を行った地域

  1. ラヤレ村第4地区ニングレパカコミュニティフォレスト(08〜11年の植樹場所)
  2. チャパカルカ村チャパカルカコミュニティフォレスト(11年の植樹場所)
  3. チャパカルカ村ハリヤリマヒラコミュニティフォレスト(04年〜07年、09年11年植樹)

参加者:約170人(うち、当社従業員含む日本人ボランティアの参加17名)

「ふるさとの森」づくりを開始

本年は、生活のための樹種に加えて、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生が提唱されている「ふるさとの木によるふるさとの森の再生」に基づいて植樹を行いました。横浜市立大学教授の藤原一繪(かずえ)先生(※1)が村人たちに植樹方法を説明し、日本人ボランティア参加者と一緒に植樹しました。そして、来年以降の植樹に備えて、種子採集や苗木作りを行いました。

植樹の写真1

植樹の様子1

植樹の写真2

植樹の様子2

従業員から集めた文房具・衣服を寄贈しました。

子供たちが少しでも良い環境で、健やかに育ち学ぶことができるように、従業員から集めた文房具や衣服を、ツアー参加者が持参し、寄贈しました。

現地の学校へパソコンを寄贈。

当社より、ネパール国内でボランティア活動を行なっている、シャム・バハドゥル・ダンゴル氏の経営する「ふるさと日本語学校」へ6台と、パタン・ハイスクールへ14台のノートパソコンを寄贈しました。子供たちや日本語を学ぶ学生に活用していただきます。

PC寄贈式の写真

パソコン寄贈式

※1.藤原 一繪先生 プロフィール
1944年生まれ。横浜国立大学卒業。フランス中央研究機関(CNRS)、給費研究員(リール大学)、横浜国立大学環境科学研究センター助手などの経歴をもつ。現在、横浜国立大学名誉教授、横浜市立大学特任教授。宮脇 昭先生と共に国内外での森作りを指導。
著書に「混源植物」「環境問題を考える」(共著)「東南アジアの植物と農林業」(共著)「日本植生誌」全10巻(共著)など

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園