【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

カンボジア教育支援活動

2018年度カンボジア教育支援活動

山田養蜂場ミツバチ第11小学校

当社は、2008年から「認定NPO法人 JHP・学校をつくる会※1(以下JHP)」と協力して、カンボジアの教育支援活動を行っています。
2018年度は、バッタンバン州にあるドーントリー小学校に、寄贈11棟目となる新校舎を建設し、2019年6月4日(火)に寄贈式を行いました。

寄贈11棟目の校舎名は「山田養蜂場ミツバチ第11小学校」

2019年6月4日(火)に行われた寄贈式には、現地生徒、教員、村民、ヒュン・シネー教育省次官をはじめとする来賓、JHPプノンペン事務所スタッフや当社社員14名など総勢約400名が出席しました。

寄贈式後に子供たちと社員が交流を深めました
弊社社員によるみつばち教室

寄贈式の後、新しい教室に移動し、当社社員による「みつばち教室」を行い、子供たちにミツバチについて理解を深めてもらいました。講師役の社員からミツバチの特徴についてクイズを出されると、生徒たちが挙手をして答えるなど、積極的に学んでくれていました。
みつばち教室の後は、ミツバチの絵を描いて、当社で行っている「ミツバチの一枚画コンクール」の作品制作を行いました。

  • ミツバチ教室に積極的に参加する生徒

    ミツバチ教室に積極的に参加する生徒

  • 作品制作をする生徒

    作品制作をする生徒

ドーントリー小学校の生徒からのコメント
  • パニャー ニュンムさん 学年:6年生 新しい校舎ができて、とても嬉しいです。以前の教室よりキレイで授業がしやすいと思います。好きな教科は数学です。人に教えることも好きなので、今教えてくれている先生たちみたいに、将来は学校の先生になりたいです。
  • パウ ラターさん 学年:6年生 日本の人との交流は初めてで、ワクワクしていました。実際に会うとドキドキしたけど楽しかったです。好きな教科は国語(クメール語)です。新しくなった学校でこれからも国語の勉強を頑張りたいです。
ドーントリー小学校について

ドーントリー小学校は、カンボジアの首都プノンペンの北西に位置する、バッタンバン州モン・ルッセイ郡チュレイコミューン ドーントリー村にある唯一の小学校です。
旧校舎は、2014年に地元の支援によって建設された木造トタン屋根構造の校舎で、老朽化が進み、屋根や壁に穴が空いていたり、雨の日は降雨の音で先生の声が聞こえないなど、子供たちが集中して勉強ができる校舎とは言えませんでした。
このような状況から、ドーントリー小学校へ1棟4室の校舎を建設しました。

  • 旧校舎外面

    旧校舎外面

  • 旧校舎:教室内

    旧校舎:教室内

2018年度カンボジア教育支援事業計画

校舎建設事業
ドーントリー小学校に、校舎1棟4室、トイレ1棟3室、給水タンク1基を建設し、併せて黒板や教壇などの備品を設置しました。
学校環境整備事業
2008年から現在までに支援してきた学校の環境を維持するため、校舎の補修などに必要な備品を寄贈。また弊社からリサイクルパソコン4台を4校に寄贈しました。
情操教育支援事業
カンボジアにおける芸術教育普及のため、美術授業のフォローアップとして絵画用の画材や、音楽授業のフォローアップとして、音楽講習会の開催の支援を行いました。
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園