カンボジア教育支援活動

2014年度カンボジア教育支援活動

  • 山田養蜂場 ミツバチ第七小学校

当社は、「認定NPO法人 JHP・学校をつくる会※1(以下JHP)」と協力して、カンボジアのバッタンバン州にあるサーコー小学校へ、新たな校舎を建設し、2015年7月8日(水)に寄贈式を行いました。
2008年より始まったこの活動は7年目を迎え、校舎の寄贈は今回で7校目となります。

新校舎を寄贈したサーコー小学校について

カンボジアの首都プノンペンの北西に位置する、バッタンバン州モンルッセイ郡ターロッコミューン サーコー村にあります。
生徒数は209名、9クラスの小学校です。
新校舎ができるまで使用していた校舎は、1992年に建設された木造の建物です。床は土のままで、壁がほとんどない状態でした。そのため、雨天の際は授業を行うことができませんでした。また、1.5キロ離れた分校に通う子供たちもいました。そのような状況から、新校舎の建設が待ち望まれていました。

  • 旧校舎(木造、2教室)

    旧校舎(木造、2教室)

  • 新校舎(鉄筋コンクリート造、4教室)

    新校舎(鉄筋コンクリート造、4教室)

校舎名は「山田養蜂場ミツバチ第七小学校」

校舎名には、これまでに支援した学校と同じく、カンボジアの子供たちに、ミツバチのように皆が仲良く、勤勉に学んで欲しい、という想いが込められています。
7月8日(水)に行われた寄贈式には、現地生徒、教員、村民、ヒュン・シネー教育省次官をはじめとする来賓、JHPプノンペン事務所所長 木村 晋也(きむら しんや)氏、当社からは監査室室長 菅谷 久夫(かんたに ひさお)をはじめ、社員32名が出席しました。
寄贈式では、菅谷が「皆さんが仲良く、楽しく、安全に勉強してくれることを、そして、この小学校から巣立った皆さんが、平和で幸せな国を作っていく若い力となってくれることを心から祈っています。」とあいさつしました。
寄贈式終了後には、サーコー小学校の5・6年生36名の子供たちと社員が一緒にミツバチの絵を描いて交流しました。

  • 子供たちと社員の絵画交流の様子

    子供たちと社員の絵画交流の様子

  • 地域の方々が手料理を振る舞ってくださいました

    地域の方々が手料理を振る舞ってくださいました

カンボジア教育支援事業実績

学校建設事業
カンボジアの子供たちの教育環境を整備するために、バッタンバン州サーコー小学校の校舎1棟4室を建設し、併せて机、椅子、黒板、時計などの備品を設置しました。完成後の寄贈式では生徒や先生へ贈呈品(ノート、ペンなど)を渡しました。
教育教材支援事業
カンボジアにおける、音楽・美術教育普及のために、マーチングバンドプロジェクトや絵画教材などの支援をしています。
ボランティア派遣事業
JHPでは「日本人の顔の見える活動」の実践として、カンボジアにボランティアメンバーを派遣しています。当社の寄付は、ボランティア活動の一環として取り組まれる遊具建設など、活動費の一部として活用されています。
1 JHP・学校をつくる会
シナリオライターの小山内美江子氏がイラク戦争をきっかけに経験した海外ボランティアを通じて、カンボジアへの学校建設の重要性を実感し、1993 年に結成したボランティア組織。学校建設のみならず、現地での美術や音楽などの情操教育にも注力。また、カンボジア以外の国々でも様々なボランティア活動を展開している。2004年には、「認定NPO法人」として認可が出る組織にまで充実。寄贈した学校は330棟を超える。
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばちライブカメラ
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園