【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ぶんぶんとのさま

受賞はやし まり 様(愛知県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『ぶんぶんとのさま』

ぷんぷんとのさまが けらいに ききました。
「父上がたべている あのびんの中みは なんじゃ。」
「ははーっ。あれは はちみつと申しまして
歯も弱くなり 体力もなくなったお父上を 元気にしてくれる
きちょうな食べものでございます。」


言いわすれておりました。
この国のおとのさま いつもぷんぷん おこってばかりいたので
ぷんぷんとのさまと よばれていました。
けらいは ぷんぷんとのさまが またなにか
もんくを言い出すのではないかと はらはらしておりました。

「わしも はちみつ たべたい。
たべたい。
たべたいよー。」

「しかし とのさまは 歯もじょうぶですし 
なんでも食べれるでは ございませんか。」

「でも たべたい。たべたい。たべたいよー。
わしには食べさせられぬと 申すのか。」
とのさまのぷんぷんがまた 始まりました。
「とのさま はちみつは たいへん きちょうなものでして…」
けらいの言葉は とのさまの耳には とどきません。

「どれ。 とろーり。 あまい。 
父上だけが このような おいしいものを食べていたとは。」
ぷんぷん。
「はちみつがないなら つくらせろ。」
ぷんぷん。
「だれがつくっているのじゃ。その者をここによべー。」
「ははーっ。」

「この者でございます。」
けらいが1ぴきのハチをつれてきました。
「なんと。この小さな虫がはちみつを つくっていると申すのか。」

「ははーっ。このミツバチがみつを集めてくるので ございます。」
「ではミツバチをありったけ この城によべーっ。」
「…と申されましても…」
「はやく。はやくするのじゃー。」
「ははーっ。」

ぷんぷんとのさまの ぷんぷんにも こまったものです。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園