【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

なないろのはちみつこんぺいとう

受賞水谷 天音 様(京都府)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

さいごに、 おはなのはなびらをあつめて
あたらしいはちみつを つくりましたが、
おひめさまのびょうきは、 なおりませんでした。

王さまは、 みつばちのまじょに どうしたらおひめさまの
びょうきがなおるかきくと、 まじょは
「おひめさまは、 あくまのまほうに かかっているのです。」
とこたえました。
まほうをとくためには、 空からおほしさまをふらせて、
はちみつのこんぺいとうを つくらなければなりません。

あるばんのこと、 王国のおはなばたけに、 みつばちのまじょは 大きなおほしさまを ふらせました。
それをみていたのは、 ひとりのみつばちのおじいさん でした。

おほしさまがおちたあなには、 小さなほしのかけらが
あふれていました。
おじいさんは、 いえにもちかえって はちみつにまぜて、
はちみつのこんぺいとうを つくろうとかんがえました。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園