【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ハチミツくびねっこ

受賞山岡 みね 様(神奈川県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『ハチミツくびねっこ』

ミウミウが ひなたぼっこを していると どこからか あまいにおい。
だいどころで ハナちゃんが ハチミツの ビンのふたを あけたところでした。

「それなあに? いいにおいが するけれど」
「これはねぇー」
ハナちゃんは おはなしを はじめました。
「はなたちが たいように むかって 『おはよう!』というと のどの おくの あさつゆが あまーくなってゆきます。
そこへ ミツバチが きて『ミツを わけて くださいな』『ええ どうぞ。かわりに うたを きかせてね』『ブン、ブン、ブン…』で、これが その ハチミツです」
「すてきね。すきとおって こがねいろ」
ミウミウの のどは ゴロゴロ なりだしました。
「たべたい? じゃあ ひとくち どうぞ。アーン」
「アーン」

ところが ハチミツは トローリ たれて ミウミウの くびのうしろに くっつきました。
「やだあー こんなところに くっつけないで! ノミトリグスリ じゃ あるまいし!くびの うしろじゃ とどかない! なめられない!」

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園