【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

わたしがいないと

受賞石井 真心 様(北海道)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『わたしがいないと』

毎日毎日、みつばちたちは、
はたらくはたらく。 おいしいみつをもとめて。
「また来た!」
一匹のみつばちがさけびました。

そう、やって来たのは、わたしたちの
集めたみつを うばいにくるおじさんです。
おじさんはあっというまにわたしたちの
みつをうばって行きました。

「やってられない!どうしてわたしたちが
集めたみつを、もって行かれなければならないの?」
ある日、みつばちのミミはさけびました。
それに気づいた仲間のみつばちがよってきました。
「ミミ、たいへんだけれど、
女王さまにさしあげないとならないわ。」
「そうだけれど…。 …私、みつなんかはこばない!!」
ミミはふくれて、飛び出しました。

ミミはお花ばたけにやってきました。
ちょっと、タンポポの上でひとやすみをしていると、
女の子と、その母親らしい人がいました。
「キャー!!お母さん、はちだよ!!」
あまりの大声にミミはとび上がりました。
「まあ、みつばちじゃないの。」
「でもはちでしょう?」
「何もしなければさしたりしません。
それより、 みつばちさんは、わたしたちも食べるはちみつを
集めてるのよ。お礼をしないとね。」
「うん。ありがとう。みつばちさん。」
ミミはそんな女の子をじっと見つめてから、飛び去りました。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園