この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

コスタビ氏と3匹のみつばち

受賞尾山 理津子 様(神奈川県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『コスタビ氏と3匹のみつばち』

まちのはずれにすむグーグ・コスタビ氏は
まちいちばんのかわりものだといわれている。
コスタビ氏も、それをじまんに思っている。

まちのみんながコスタビ氏のことを
知っているが、コスタビ氏のともだちは1人もいない。
コスタビ氏も、それをほこりに思っている。

コスタビ邸のえんとつから、けむりがプカプカでていたら
コスタビ氏が家にいるってしるし。
パイプのけむりでドーナツをつくるのが
かれのいちばんのしゅみなのだ。

そんなコスタビ氏だけれどこころから愛しているものがある。
それは3匹のみつばちだ。
どこでどうしてであったか、それはだれも知らないが
いっしょにくらしてもう数年。

どうしてこの3匹が
コスタビ氏のお気に入りなのかというと
かれらはハチミツなんてつくらない
「かわりみつばち」だからである。

コスタビ氏は1日3回、
さきのとがったかわぐつをはき、
じまんのパイプをかたてにし、
ひもでつないだみつばちをつれ
まちにさんぽにやってくる。

まちのみんなはうわさする。
「あのみつばちたちは、王さまの
ハチミツ工場からにげだしてきたならずものらしい。」
「いいや、コスタビ氏のきょうだいだろうよ。」

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園