■商品のお届けについて■
昨今の宅配事情により、1日に配達可能な宅配の量が制限されております。
そのため、お届けまでにお日にちをいただいており、ご希望のお届け日やお時間指定に関しまして前後する可能性がございます。
ご迷惑をお掛けいたしますこと、お詫び申し上げます。
何とぞご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

植樹活動

中国広州・雲浮(ウンフ)での植樹活動

2016年 横浜市立大学との共同植樹(プロジェクト)

中国広州・雲浮(ウンフ)での植樹活動

古くから日本と関係の深い中国の自然環境の回復を願い、2004年から宮脇方式 ※ による中国での植樹活動に取り組んでいます。
内モンゴル、安徽(アンキ)省でのプロジェクトを終え、2016年から広州・雲浮(ウンフ)でのプロジェクトが始動しました。
雲浮では、昨年、計1,000本(7種の潜在自然植生樹種)のテスト植樹を行いました。植樹を実施する土地が硫鉄鉱区の採掘跡地であり、土壌がpH2〜3と酸性のため、木々が育つには厳しい環境でしたが、宮脇方式での植樹は成功し、90%以上の木が活着していました。
これを自信に、本年は、5月22日(日)に、日本からのボランティア15名(うち14名は当社社員)と、広州のボランティア95名が力を合わせて、計2,000本(5種の潜在自然植生樹種)を植樹しました。後日、現地の方々に引き続き植樹を行っていただき、今年度は12,000本を植えることができました。
雲浮でのプロジェクトでは、2020年までの5年間で、同市域に約20万本の植樹を目指しています。

複数の樹種を「混ぜて」植える宮脇方式での植樹の様子

複数の樹種を「混ぜて」植える
宮脇方式での植樹の様子

両国のボランティアが力を合わせて植樹しました

両国のボランティアが力を合わせて植樹しました

現地の子供も参加してくれました

現地の子供も参加してくれました

昨年のテスト植樹地に補植もしました

昨年のテスト植樹地に補植もしました

2016年広州・雲浮植樹概要

植樹本数
合計12,000本
樹種
  • フィサシイ

    2,000本

  • ホルトノキ

    4,500本

  • ミヤマガンショウ

    2,000本

  • イジュ

    1,500本

  • アカシイ

    2,000本

今後の活動

自然環境の回復を願い、現地の方々の協力のもと、2020年までに20万本の植樹を目指します。

地図

2015年からの中国植樹活動地−広州・雲浮市

中国における植樹実績

植樹年度 内モンゴル植樹本数 安徽省植樹本数 広州植樹本数
2004年 1,050,028本 - -
2005年 25,150本 - -
2006年 55,150本 - -
2007年 50,000本 - -
2008年 50,000本 - -
2009年 50,000本 - -
2010年 50,000本 - -
2011年 - 40,000本 -
2012年 - 40,000本 -
2013年 - 40,000本 -
2014年 30,000本 - -
2015年 - - 1,000本
2016年 - - 12,000本
合計 1,360,328本 120,000本 13,000本

中国植樹総合計:1,493,328本

※ 宮脇方式
国際生態学センター長・宮脇昭氏が提唱する、土地本来の潜在自然植生の樹木を混植・密植して、本来あるべき自然の森を再生する植樹方式。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばちライブカメラ
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園