植樹活動

一時帰休者の再就職に関する生態園区建設プロジェクト

植樹場所

当社は、養蜂業を原点とする企業として、自然環境の保護について様々な取り組みを行っており、これまでもネパールをはじめ国内外での植樹を行ってきました。
この度、養蜂産品の輸入先として関係の深い中国の自然環境の回復、日中の友好関係の増進に寄与したいと考え、中国・内蒙古自治区フフホト市での砂漠化防止を目的とした植樹プロジェクトを2004年3月にスタートしました。
プロジェクトの初年度となる今年は一時帰休者である現地の住民により3月20日〜4月25日まで53.5万本の植樹を行いました。樹種は、防砂防風林となるアブラマツやポプラです。
また4月22日には植樹祭も行われ、記念碑の除幕式を行ったのち、一般市民や小学生など現地の方々とともに、弊社の社員2名も植樹いたしました。
今後も引き続き、中国での環境回復に対する支援や活動を継続して参ります。

  • 植樹の様子
  • 植樹祭の様子
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばちライブカメラ
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園