この度の台風19号、台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】お荷物のお届けに関するお知らせ
台風19号の影響のため、一部地域でお届けに遅延が発生しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申しあげます。
【ヤマト運輸】 詳しくはこちら>>
【日本郵便】 詳しくはこちら>>

文化セミナー

第33回 「森をつくった校長−人と自然のつながりが子どもを育てる−」

2007年9月1日(土)、日本ホリスティック教育協会理事の山之内義一郎先生をお迎えし、「森をつくった校長−人と自然のつながりが子どもを育てる−」と題してご講演いただきました。

講演の様子

内容

校長として赴任した新潟県山古志村の小学校で、教室で騒ぐ子どもたちが村のお年寄りの昔話には夢中になる姿を見て、「教室だけが学びの場ではない」と気づきました。自然や村人とのふれあいで生き生きと目を輝かせる子どもの姿に、総合的な活動の重要性を認識したのです。
その後に赴任した長岡市では、自然が少ない環境にいる子どもたちを見て、この学校には森が必要だと直感しました。それは幼少時代に森や川で我を忘れて夢中で遊んだ私の原体験に基づくものでした。そして、子どもたちと地域の人々と協力し「学校の森」づくりを始めました。
子どもたちは登校すると森に挨拶し、放課後にその日の出来事を話しかけ、植樹した日を記念して森の誕生会を開こうと提案。森に夢中になることを通して自分自身を深く見つめ、想像力が喚起され、自発的に学ぶ姿勢が育ったのです。
人間は、人の力だけでは成長しません。いのちや自然のつながりを感じることで多くのことを学びます。今後も学校の森づくりがさらに広がり、子どもたちの豊かな心を育んでくれることを願っています。

<山之内義一郎氏プロフィール>
1930年新潟県生まれ。74年新潟県山古志村虫亀小学校校長を経て、86年長岡市立川崎小学校校長となり「学校の森」による総合活動を提唱、普及に努める。91年退職後、日本ホリスティック教育協会顧問、NPO法人学校の森理事長を務める。著書に『森をつくった校長』『学校に森をつくろう!』があり、第 8回米百俵賞、第39回吉川栄治文化賞を受賞。
山之内義一郎氏
これからも山田養蜂場文化セミナーを開催していきます。
文化セミナーに関するお問い合わせは、下記までご連絡下さい。
山田養蜂場文化セミナー事務局
TEL : 0868-54-3999 FAX : 0868-54-3346
受付時間(平日9:00〜18:00)
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園