この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

やさしい みつばち

受賞有田 双葉 様(大分県)

 むかしむかし、あるところに、やさしくて、かわいい、ハチの女の子がいました。
 名前は、しずくちゃんと、いいました。
 ある日、しずくちゃんは、きれいなレンゲのお花の中で、みつをあつめていました。
 そしたら、遠くの方からなき声が、聞こえてきました。
 なき声がするほうへ行ってみると、「虫のびょういん」がありました。
 中に入ってみると、大きいクワガタムシが、エンエンないていました。
 そこで、しずくちゃんは、クワガタムシにききました。
「どうしたの、大きなクワガタムシさん。」
 そしたら大きなクワガタムシが、こうこたえました。
「ぼくは、かぜをひいて、頭がクラクラして、のどがいたくて、はな水がぐちょぐちょ出て、おまけにげりが止まりません。」
 しずくちゃんは、とてもかわいそうと思いました。
 そしたらサソリのおいしゃさんが、おしりのちゅうしゃばりを、ぴかぴかしてやって来ました。
 大きなクワガタムシのしんさつをし始めました。
 そして、十分たってから言いました。

「大きなクワガタムシくん、きみはかぜがひどいから、にゅういんしてください。」
 大きなクワガタムシは、しょぼんとしてへやに入っていきました。
 しずくちゃんは、元気づけてあげたいと、思いました。
 一日たって、次の日、しずくちゃんは、何をしたら、大きなクワガタムシくんが、よろこんでくれるかなあと、考えていました。
 びょういんに、ようすを見に行くと、大きなクワガタムシくんのまわりに、いろいろな虫たちが、おみまいに来ていました。
 しずくちゃんは、こっそりまどのところから、見てみました。
 よく見れば、ちょうちょさんは、きれいなにじ色の羽で、おどりをおどってあげています。
 けむし三きょうだいは、むくむくの毛で、あたたかいふくを、作ってあげていました。
 かまきりくんが、かまをつかって、今日の昼ごはんをつくっています。
 二ひきのカブトムシくんが、自まんのつのですもうをして、見せてあげています。
 テントウムシくんが、足のつけねから、にがいしるを、だしています。
「ぼくのにがいしるは、いい薬になるよ。」
 大きなクワガタムシくんは、とってもよろこんでいます。
「みんな、ありがとう。」
 それを見ていた、ちっちゃなしずくちゃんは、わたしも、大きなクワガタムシくんに、みつをとってきてあげたいなあと、思いました。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園