【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

はちみつくださーい

受賞大谷 基栄子 様(岡山県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

はらっぱの なかに
どんな びょうきにでも よくきく という
“みこちゃんの はちみつやさん”
が ありました。

あるひ みこちゃんの はちみつやさんに
ちいさい ちいさい ねずみさんが やって きました。
「コホン コホン」
ねずみさんは せきが とまらなくて
こまって いました。
「みこちゃん せきの なおる はちみつを くださいな」
ねずみさんは おねがいしました。

「はい はい かしこまりました。」
みこちゃんは ちいさい ちいさい
ねずみさんの ために
ひとりで はなの みつを とりに いき
ねずみさんに のませて あげました。

そして それを のんで
げんきに なった ねずみさんから
おれいの おたよりが とどきました。
「みこちゃんへ
はちみつを のんで せきが とまり
げんきに なりました
ありがとう ねずみより」

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園