この度の台風19号、台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】お荷物のお届けに関するお知らせ
台風19号の影響のため、一部地域でお届けに遅延が発生しております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただきますようお願い申しあげます。
【ヤマト運輸】 詳しくはこちら>>
【日本郵便】 詳しくはこちら>>

みつばち文庫

寄贈図書一覧

第21回みつばち文庫書籍一覧     1セット10冊

ミツバチのはなし
ミツバチのはなし
ミツバチは、どんなふうに蜂蜜を作っているのか。人間はいつごろからミツバチを飼うようになったのか。恐竜のいた時代から現代まで、人間とのかかわりや、自然のなかでの役割などを描く。
ピョトル・ソハ/絵
ヴォイチェフ・グライコフスキ/文
武井 摩利/訳
株式会社 徳間書店
あめだま
あめだま
文房具屋でドンドンが見つけたのは、6つのあめだま。1つ食べると、「リモコンがはさまって痛い!」とソファーの声が聞こえてきた! あめだまを通して周囲の愛に気づいたとき、ひとりぼっちの少年におとずれた変化とは?
ペク・ヒナ/作
長谷川 義史/訳
株式会社 ブロンズ新社
小さな家のローラ
小さな家のローラ
150年も昔のアメリカ、ビッグウッズという森の中の小さな丸太の家に住んでいる、ローラとその家族の物語。食べ物や着る物など、作れるものは手作りする、自然と共存した、ワクワクしながらの暮らしが描かれています。
ローラ・インガルス・ワイルダー/作
安野 光雅/絵・監訳
株式会社 朝日出版社
きせきの海をうめたてないで
きせきの海をうめたてないで
原子力発電所をつくるために海がうめたてられるかもしれない。「きせきの海」にすむ生き物たちが裁判をおこして訴えかけます。「海をうめたててしまったら、私たちはもう生きてはいけません。うめたてないでください」と――
キム・ファン/著
株式会社 童心社
やまからにげてきた・ゴミをぽいぽい
やまからにげてきた・ゴミをぽいぽい
片側からは「やまからにげてきた」、もう片側からは「ゴミをぽいぽい」という、2つのストーリーが1冊に収まっています。何気なく捨てているゴミが、生き物のいのちとつながっているという、環境を考える絵本です。
田島 征三/著
株式会社 童心社
おいしく たべる
おいしく たべる
たべものの材料を知る。自分で料理をつくってみる。たべものの味についてくわしくなる。心とたべものの関係を考える。いろいろな角度から、たべものの豊かな世界にふれ、「おいしくたべる」ことについて考えます。
松本 仲子/監修
株式会社 朝日新聞出版
しんごうきピコリ
しんごうきピコリ
信号が青に変わったら、車はどうするかな?ところが、信号機がとつぜんピンク色に変わりました。なんと車は、さかだちをしなければいけません。信号機がめずらしい色に変わるたび、車たちにはいろんなことが起こります。
ザ・キャビンカンパニー/作・絵
株式会社 あかね書房
蜜蜂さん ありがとう
蜜蜂さん ありがとう
当社主催の絵本コンクールの最優秀作品。朝、お日さまが顔をだすと、蜂飼いおじさんの一日がはじまります。蜜蜂さんたちはそよ風がふくお花畑で蜜を集めます。
野田 章子/文
さいとう じゅん/絵
株式会社 朝日学生新聞社

上記の他に、お楽しみ本として2冊を寄贈しました。

寄贈校一覧はこちら 過去の寄贈図書・寄贈校一覧
  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園