この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ドリームフラワー

受賞倉田 周星 様(東京都)

 おだやかな暖かい日、いっぴきのハチがのんびりと飛んでいます。
 かれの名前はラルゴ。
 音楽では「とてもゆっくり」をあらわす言葉で、そのとおり、彼はとてもゆっくりさんです。

「ちぇっ!またラルゴのやつ、さぼってるよ」
「あんなにゆっくりしか飛べないなんて、まるでカタツムリだね」
「空飛ぶカタツムリか。そりゃいいや!ははは!!」
 なかまのハチたちは、のんびりと花のみつを集めるラルゴを追いこす時、わざと聞こえるように、ちょっといじわるをしてこう言います。

「ぼくはさぼってないのにな」
 ラルゴはふだんは気にしませんが、あまり言われると、やっぱり悲しくなります。
「ぼくはぼくだけど・・・ぼくなりにいっしょうけんめいしているんだけど・・・」
 なかまのハチたちは、毎日まいにち巣から遠い花まで飛んで、みつを集めていますが、ラルゴは、たくさんは集められないのです。
「ぼくはダメなハチなのかな」
 ラルゴの目から、ときどきなみだがこぼれます。

 ある日のことです。
 気持ちをきりかえてラルゴが花のみつを集めていると、今までかいだことのない、なんともやさしくふしぎなにおいに出合いました。
「なんだろう?なんのにおいだろう?」
 そのにおいにさそわれて、ラルゴが行ってみると、そこには今まで見たことのない花が咲いていました。
「わぁ!この花、なんていう花なんだろう?いつの間に咲いたんだろう!」
 その花は、まっ白で大きく、かがやいていました。

「あなたは、なかまよりもみつを集めるのは遅いかもしれない。でも、あなたはいっしょうけんめい集めているわ。だいじなのは、ほかのハチとくらべっこするんじゃなくて、自分に負けないことよ」

 ラルゴがふとわれに返ると、さっきまで目の前にあった、あの白くてかがやいていた花はありませんでした。
「あれ?きれいなお花、あったよね?」
 ラルゴは夢を見たのでしょうか。花はどこにもありません。ラルゴはふしぎな気持ちでいっぱいです。
 ふしぎと言えば、もう一つ。
 ラルゴの手には、虹色に光るみつがあったのです。

 それからはラルゴはなかまがからかっても、まったく気にしなくなりました。
 夢だったかもしれないけれど・・・
 あの白いお花は、ちゃんとぼくを見てくれていたから。
 だいじなのは、なかまとくらべっこするんじゃなくて、自分に負けないことだって気付かせてくれたから。

 ラルゴはなかまたちがいやがる、雨の日も風の強い日も、みつを集めに出ました。
 すると、ラルゴをからかっていたなかまは、いつの間にかいなくなりました。

「なあ、ラルゴって変わったよな」
 ある時、以前からかっていたなかまのミツバチが言いました。
「うん、本当だよね。ラルゴ、どうしてそんなに強くなったんだい?」
そうなかまに言われて、ラルゴは、はじめてあの白くてかがやく花のことを話しました。夢かもしれないけど・・・その花は、だいじなのは自分に負けないことって教えてくれたんだ。気がつくと花はなくなっていて、でも、虹色のみつが手についていて・・・と。

 その話を近くで聞いていた長老が、おどろいた顔で言いました。
「それはまぼろしのドリームフラワーにちがいない。勇気と希望を与える花なんだよ。見つけようとしても、なかなか見つけられない花なんだ」
 長老でさえ、見たことがないそうです。

 ドリームフラワー  夢の花。
 ぼくがぼくらしくあるように、そう教えてくれた花。ラルゴは思いました。本当に夢の花だったなって。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園