この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ミツバチハニー

受賞藤井 雅子 様(京都府)

 あるお花ばたけに、ハニーというミツバチがおりました。
 ハニーはまいにち、みつをあつめに、お花ばたけにいくのでした。
 ある日、花のちかくにハニーがいくと、花たちが、きそいあいはじめました。
「ぼくが一ばんおいしいよ。」
あっちでも、
「いや、ぼくのみつがさいこうだよ。」
と、いいあらそってばかりです。
 ハニーはまよいました。どの花も、『ぼくが一ばんだよ。』と、いいあうので、どの花にとまってよいのかわかりません。
 ハニーは、こまってしまいました。
 お花ばたけのうえを、ぐるぐるとびまわっているうちに、くらくなってきました。
「もうかえらないと。」
と、ハニーは、いいました。
「みんながしんぱいしているだろう。」とおもいながら、かえっていきました。

 つぎの日です。ハニーは、きのうとおなじお花ばたけにいきました。
 ハニーがくると、花たちは、また、きそいあうではありませんか。
「ぼくが一ばんおいしいよ。」
「いや、ぼくのみつがさいこうだよ。」
 そこで、ハニーはいいました。
「きそいあうばかりじゃなくて、なかよくしたら?」
「それならきみが、のんでためしてみてよ。」
「えっ!ぼくぅ?」
 ハニーは、おどろいたこえで、いいました。
「そうだよ、きみが一ばんをきめてよ。」
「わかったよ。」
と、ハニーは、へんじをしました。

「ごくごく おいしい。」
「ごくごく これもおいしい。」
 とうとうハニーは、ぜんぶの花のみつをのみました。
「あーおいしかった。」
「だれのみつが一ばんおいしかった?」
 花たちは、いっせいにききました。
「みんなおいしかったよ。」
「えっ、ほんと?」
「ほんとだよ。みんなあじがちがってて、みんなおいしかったよ。」
 ハニーは、花たちのうえをとびまわって、おれいをいいました。
「みんなおいしいみつをありがとう。」
「こちらこそありがとう。みんなちがうけど、みんなおいしいっておしえてくれて。」
 花たちは、うれしそうにゆれました。
 いそがしそうに、花から花へとびまわっているハチをみたら、それはハニーです。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園