この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

はるにおかわり

受賞白矢 麻衣 様(兵庫県)

 あきが、おわろうとしています。こぐまのベリーにとって、はじめてのふゆがやってくるのです。
「おさんぽも今日でしばらく、おあずけかあ」
 いつものように、ベリーは、森でおさんぽをしていました。
「あれ? あれは、なんだ?」
 ベリーは、立ちどまりました。目の前には、きのうまでなかった、小さなお店がたっていました。かんばんには、『ふしぎなはちみつあります』と書いてあります。
「はちみつ? ぼくの大こうぶつだ」
 ベリーは、まよわず、お店に入りました。
 お店は、はちみつのビンで、いっぱいでした。『ほっぺが、おちるはちみつ』『空をとべるはちみつ』『ドキドキが、おさまるはちみつ』『やけどにきくはちみつ』ほかにもさまざまなはちみつが、ありました。ベリーは、それを見て、目をまわしそうでした。
 カラン、カラーン
 ほかのおきゃくさんが、入ってきました。
「空をとべるはちみつください」
「はい、かしこまりました」
 お店の人は、ニコニコして、はちみつをおきゃくさんに、わたしました。
 (空をとぶのかー。それもいいなぁ)
 ベリーは、空とぶ自分をそうぞうしました。
 カラン、カラーン
「えいごが、話せるはちみつちょうだい」
「かしこまりー」
 (りょこうに、行くんだな。ぼくも行きたいなぁ)
 カラン、カラーン
「友だちが、できるはちみつ」
「はい、どうぞ」
 (さいきん、ひっこしてきたんだな。ぼくが、友だちになってあげよう)
 ベリーが、どのはちみつにするか、まよっている間に、たくさんのおきゃくさんが、やってきて、はちみつをかってかえりました。
「いいなー、はやくきまって」
 ベリーは、くちびるをとがらせました。ベリーは、まだきまらないようです。
 カラン、カラーン
 また、つぎのおきゃくさんが、入ってきました。見ると、ヘビのスーばあさんでした。スーばあさんは、森一ばんのおとしよりでした。ベリーに気付かないスーばあさんは、少しもまよわず言いました。
「さいきん、年をとったのかねぇ。ねつきが、わるくなって、こまったもんだよ。よくねむれて、めざめのよくなる、はちみつをおくれ」
 スーばあさんのことばを聞いて、ベリーは、手をたたきました。
「それだ!」
 ベリーは、とてもうれしそうです。生まれてはじめてのとうみん。うまくねむれるか、本当は、とってもしんぱいしていたのです。
「明日からのとうみん。これで、もうあんしんだ」
 ベリーが、そう言うと、ベリーに気付いたスーばあさんは、小さくウインクをしました。
「すみませーん。ぐっすりねむれて、うーんとあまいはちみつ。ぼくにもください!」
 ベリーは、むねをはって、お店の人に言いました。
 ベリーは、家にかえって、しっかりとばんごはんを食べました。長いあいだごはんも食べずにねむるのですから、おなかが、すかないようにです。そして、ゆっくりと、おふろに入り、いつもより、ピッカピカに、はをみがきました。へやを、きれいにおそうじして、ベッドもきちんと、ととのえました。もうこれで、じゅんびは、オッケー。ベリーは、かってきたはちみつをつかって、レモネードをつくりました。とっても、すっぱくて、とーってもあまい、レモネード。ベリーは、おかわりを、したくなりました。
 「もっと、のみたいけど、がまんしよう。そして、はるになって、目がさめたら、何よりもさきに、これをのもう。その日までのおたのしみだ」
 ベリーは、大きなあくびをしました。森にふゆが、やってきたようです。
 ゆめの中で、ベリーは、みつばちと、なかよくなりました。たっぷりと、はちみつをごちそうになるゆめです。
「もう、おなかいっぱいだよ」
 ぐっすりと、ねむったベリーは、ペロンと、くちびるをなめています。
 ベリーのはじめてのとうみんは、だいせいこうのようです。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園