【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

女王さまのはちみつ

受賞うめだ けえこ 様(埼玉県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『女王さまのはちみつ』

ぼくんち、きょう、ひっこしてきました。
パパとママは、かたづけやら、てつづきやらでおおいそがし。

というわけで、ぼくが、ひとりでおつかいにいくんです。
もう、1ねんせいなんだから!まかせてください。

はじめは、ぶんぼうぐやさん。
あたらしいがっこうで、ぼくがつかうものをかいます。
「いらしゃいませ。」
「ええと、たいいくのはちまき。パステル。
りかでつかううえきばちを、ください。」
「みつばちょうりつ小は、これですよ」
てんいんさんがだしたのは、みたことのない、へんなものでした。

あかしろでなくて、きいろと、くろのはちまき。
「みつろうせい」 とかいてあって、いいにおいがする 「パチテル」。
うえきばちは、しろっぽけてさくさくしてます。
まるではちのすです。
「あの、ゆにゅうひんじゃないの、ください。じが、まちがってる。」
「ええ?このまちでつくってんのよ、パチテル。
ほら、みつば小のマークがついてるでしょ。
まちのこ、みんなこれをつかうよ。」
「やっぱり、おかあさんとまたきます。」
といって、ぼくはなにもかわずに、みせをでました。

つぎは、パパのビールをかいます。
さかやさんにはいりました。
「いらっしゃい。おとうさんのおつかい?」
「そうです。ビールと、おつまみください。」
「ビールと、おつまみね。」
「あっ。これじゃないです!」
ビールのラベルには、みたことないマーク。

おつまみをみたぼくは、きゃーといって、おみせのそとにでてしまいました。
だって、だって、なんかの、ようちゅうの、バターいためだったんだもん!
おばさんは、おみせのそとにでてきて、はっはっはっはーと、わらいました。
「トーキョーからきたんでしょう!ぼく。
くろすずめばちのこ、みたことないなんてさ。
おいしいよ。たべてごらん!」
というと、サンプルのおつまみをぼりぼりたべはじめました。
ぼくは、ちいさいこえで、
「いま、おなかいっぱいだから。」
と、やっというと、あるきだしました。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園