この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

しましまカンパニー

受賞絵:竹鼻 恵子 様(長野県) 文:鍋島 利恵子 様(長野県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『しましまカンパニー』

ルルル・・・ルルル・・・ルルル・・・
トラさんは、ふとんの中からニョキッと太いうでを出して電話をとりました。
「ふぁい、もひもひ。こちらはしましまパンツカンパニ・・・」
「あ、しましまハチミツカンパニーさん、
3丁目のウサギですけど、いつものハチミツ大急ぎで届けて下さい。
おばあちゃんが待っているの。お願いしますね」
ガチャン。

朝が苦手なトラさんは、しばらくボーッとして いましたが、
あわてて起きました。
「たいへんだ。こうしちゃいられない。えーっと ハチミツ、ハチミツと・・・」
台所へ行って戸だなを開け、トラさんはエッと 思いました。
「しまったあ、ウチにはハチミツはないぞ。
そもそも、ハチミツなんてあつかっていないんだっけ」

トラさんは、しましまパンツカンパニーという会社の社長で、
社員で、受付で、電話番で、倉庫係です。
そう、しましまパンツカンパニーは、 トラさんがたった一人だけの会社なのです。
売っているのは、しましまパンツ。しかもかみなりさま専用。
夏の夕立シーズンはちょっと忙しいですが、あとはとってもひまなので、
ひまひまパンツカンパニーなんていわれてしまうくらいです。

「おかしいなあ。ウチの会社は、パンツしか売っていないんだけど・・・
おばあさんが、ハチミツを待っているんだって?」
トラさんはうで組みをして考えました。
「ようし、ハチミツを届けてあげよう」
トラさんは、インターネットでハチミツのことを調べました。
「そうか、クローバーがたくさん生えている場所で、
ミツバチさんを探せばいいのか」

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園