【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策の取り組み・ご注文やお届けについて
>>詳しくはこちらをクリック<<

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ごめんなさい

受賞石井 圭子 様(千葉県)

画像をクリックすると、大きい画像が表示されます。

『ごめんなさい』

クワークワー勝ち誇ったようなカラスの声が響きました。
まるで、 いいもの手にいれたぞ、すごいだろうと言ってるようです。
またあのカラスにやられたか、どうにかならないもんかと、
街の人たちも困っています。
とにかく、頭がよくっていろいろ試してみても
カラスを追い払うことが出来ないのです。

今日は気持ちのいい天気で、なんだか心もウキウキします。
バーガー屋さんの外のテーブルでは、若い友達同士や親子づれ など沢山の人達が、
楽しそうに食べたりお喋りしたりしていました。
「ウワー、なんだよ」
「キャーカラスが…!」
なんてこと、頭のいいカラスがトレーを引っぱってバーガーを 取ってしまったのです。
バーガーは取られるし、飲み物はひっくり 返るし、
洋服は濡れるし、お客さんはかんかんです。

「ありゃ、またお前かいまったくよく判るね、
一番きれいに咲いてるのを盗んでいくんだから」
庭いっぱいのお花の手入れをしていたおばさんは あきれ顔でカラスを見上げました。
なんだってカラスが花を持っていくんだろう、
私と同じで花が好きなのかしら
変なカラスだことと思いながら…。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園