この度の台風15号において被害に遭われた皆さま、ご家族、ご関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
【ご案内】消費税改正に関するお知らせ
2019年10月1日以降のお届け分より消費税率が変更となります。 詳しくはこちら>>

ミツバチの童話と絵本のコンクール

ひとりぼっちのミツバチ

受賞後藤 みわこ 様(愛知県)

「おなかがすいて、きっとしんじゃうわ!朝食のホットケーキを、三枚しか食べられないなんて!」
お姫さまがなげつけた銀の皿は、長いテーブルのとちゅうに落ち、そのままはしまでころがってゆきました。
もうなれっこのめしつかいは、とっくにテーブルのはしにかまえていて、ゆかにころげ落ちる前に、皿をうけとめることができます。
皿はぴかぴか。お姫さまは、ひとかけらだって、ホットケーキを残したりしないのです。
「おかわりをもってきなさい」
お姫さまは、いいました。
「ございません」
めしつかいが、くるしそうにこたえます。 「コック長をここへよびなさい」
めしつかいは皿をかかえたまま、城の台所にとんでいきました。
やがてあらわれたのは、白い服を着たおじいさん。
お姫さまのお父さまであるこの国の王さまが生まれる前から、城で料理を作っていた人です。
コック長は、しずかな声でいいました。
「お姫さま、かわりに、トーストはいかがでしょう」
「いやよ。わたしは、ホットケーキが食べたいの」
「もう、むりでございます」
「お父さまに止められたのね?虫歯になったらこまるって」
「そうではありません」
「じゃあ、お母さまが反対しているのね?それ以上、ドレスより大きくならないでほしいって・・・・・」
「それもちがいます」
「じゃあ、粉がないの?」
「粉はございます」
「わかった、ふくらし粉がきれたのね」
「まだ、たっぷり」
「では、たまご?ミルク?バター?」
「ハチミツでございます」
「まあ!」
お姫さまはまるく口をあけたきり、しばらく何もいえませんでした。
お姫さまは、毎朝、ホットケーキを食べます。そして、ホットケーキと同じくらいハチミツも食べます。ホットケーキにハチミツをかける・・・・・のではありません。まるで金色の水たまりに木の葉が落ちたように、皿いっぱいのハチミツにホットケーキをうかべて食べるのが好きなのです。
粉やたまごがどんなにあっても、ハチミツがなければ、ホットケーキができないのと同じことです。
お姫さまは、コック長にいいました。
「まっていてあげるわ。すぐに、ハチミツを作りなさい」
「ハチミツは作れません」
「何でも料理ができるじゃないの」
「わたしには、作れません」
「では、すぐに、町からハチミツ職人をよびなさい」
「そんなものはおりません。わたしたちは、ハチから、もらうのです」
「ハチ?」
「そうです、ミツバチが巣にためた花のミツを、わたしたちがもらうのです」
「ミツバチですって?」
「おおぜいの仲間とくらして、ミツをあつめております。ほんの小さな、はねのある虫です」
「針でさすって聞いたことがあるわ。いやな子だと思っていたけど、ハチがいないと、ハチミツも食べられないのね」
お姫さまは顔をしかめました。
小さなころ、よくミツバチを見ました。城の庭でひるねをしているとき、ぴーぴーとさわぎながら耳もとをとびまわる虫、それがミツバチだったのです。
「それなら、ハチに、とどけさせて」
「ミツバチの群れは、遠くにいってしまいました。もう、城にはおりません」
「どうして?」
「花が、ないからです」
コック長の声が、小さくなりました。
お姫さまも、だまりこみました。
去年まで、城の庭は一面のお花畑でした。でも、誕生日にもらった自転車に乗りたくて、お姫さまが石だたみにかえさせたのです。どこもかしこも平たい石をしきつめた庭で、お姫さまは銀の自転車を思いのままに走らせることができましたが、城からは、バラもユリもひまわりもなくなってしまいました。わた毛についてとんでくるたんぽぽのタネさえ、根をおろす土を見つけられずに消えてゆきました。
そして、銀の自転車も、今では庭のすみにころがっているだけでした。お姫さまはとっくに、自転車にあきていたのです。
「どうりで、このごろハチを見ないと思ったわ」
お姫さまはひとりごとをいってから、コック長に聞きました。
「どこにいけば花があって、ミツバチがミツをあつめているの?」
「今なら、北の草原のどこかにいるでしょう。れんげやクローバーがさかりですから」
「北の草原ですって?」
小さな村をひとつ、大きな森をひとつ、こえなければなりません。おまけに草原ははてしなくて、いくらミツバチがおおぜいでくらしていても、見つかるかどうか、わからないのです。
これで虫歯にならないぞ、と、お父さまはよろこぶでしょう。これでもうドレスのサイズを直さなくてすむわ、と、お母さまもほっとするでしょう。
「ミツバチをさがして、ハチミツをもらってきなさい」
なんて、だれにも命じないにちがいありません。
お姫さまは、よし、と心を決めました。
お姫さまがいきおいよく立ち上がったので、コック長はびっくりして、しりもちをついてしまいました。

銀の自転車は、前に乗っていたころと、なんとなくちがっていました。雨にあたっても、砂ぼこりをかぶっても、そのたびにめしつかいがみがいてくれたので、自転車はぴかぴかのままです。でも、ペダルをこいでみると、重いような気がします。ふみこむたびに、どこかが、ぎゅうぎゅうと鳴ったりもします。
「でも、これで行くしかないわ。北の草原なんて、歩いていくには遠すぎるもの。がんばろう。ハチミツを手に入れるのよ」
お姫さまは、自分で自分に命じました。
お姫さまはドレスの下に、何枚も重なったペチコートを着せられています。ペチコートがあるから、ドレスのすそがふんわりと広がるのです。でも、それは、自転車に乗るにはじゃまでした。
誕生日に、自転車こぎ用のゆうがな絹のズボンももらったのですが、それはきつくなってしまいました。まるで、はけないのです。
ホットケーキをうかべたハチミツのせいだと、お母さまはいいます。けれども、お姫さまは、はけないズボンのせいで自転車に乗りたくなくなったのだと思っていました。
しかたありません。きょうは、ドレスのまま出かけるほか、ないのです。お姫さまは、ドレスでサドルをまたぎ、ひさしぶりにハンドルをにぎって、こっそり城をぬけだしました。
高台にある城から、北の道を下るのは、楽なことでした。バランスさえとっていれば、ペダルをこがなくても、自転車がかってに走ってくれます。ドレスのすそがばたばたとはためくのは少しじゃまですが、ゆいあげた髪の先がほつれて、くるくるとなびくのはいい気持ちです。たっぷりしたそでが風をはらんで、かわいい風船みたいです。
「このまま、草原までかけぬけるわ」
お姫さまがひとりごとをいったときでした。ふくらんだそで口が、空中で何かをすくいとってしまいました。
それは、そでの中でブイブイともがいているようです。お姫さまはあわてて、ブレーキをかけました。自転車をかたむけて、片足をつきました。それでも、下り坂では、止まるのにひどく時間がかかりました。
自転車をたおし、なかばころんだようなかっこうで、お姫さまはそでをふりました。
「中にいるのは、だれなの!出てきなさい!」
「いきなりつかまえておいて、おこらないでよ」
と、そでの中から声がします。
「かってに入ってきたのはそっちよ。おまえ、なにもの?」
「ミツバチだよぅ。目がまわるよぅ」
お姫さまはびっくりして、うでをふるのをやめました。
「針でさしたら、しょうちしないから!」
お姫さまのそで口から、小さなかげがくるくると、とびだしました。
「さしたりしないよぅ。おしりの針は、一本しかないんだから。あぁ、くるしかったなぁ」
ミツバチは、ほんの小さな生きものでした。お姫さまのはな先に乗りそうなほど小さいのに、しまのある金色の服を着て、なかなかおしゃれです。
顔の前でぶつぶついっているミツバチを見つめて、お姫さまはいいました。
「ハチミツはどこ?」
ミツバチはふしぎそうに、
「なんていったの?」
「おまえの仲間と、巣はどこ?そこにハチミツがしまってあるはずよ」
ミツバチはだまりました。
「こたえなさい」
お姫さまが命令しても、だまったきりでした。
お姫さまははらを立てましたが、ミツバチはめしつかいではありませんから、お姫さまのいうことをきくようにしつけられていないことくらいはわかります。りっぱに見えるように、お父さまのまねをして、お姫さまはむねをはりました。
「ミツバチが仲間とミツをあつめて、巣にためこんでいることは、わかっているのよ。それをわたしなさい。もちろん、ほうびをとらせましょう」
「いないよ」
「なんですって?」
「仲間なんていないよ」
「そんなウソをつくなんて・・・・・」
「ひとりぼっちでいるのが好きなんだ」
「そんなミツバチもいるの?」
お姫さまが目をまるくすると、ミツバチはとくいげにちゅうがえりをして、いいました。
「そうだよ!ひとりぼっちって、最高なんだよね!きみがくらしているところに、仲間はたくさんいる?」
お姫さまは考えました。
「めしつかいなら、いっぱいいるけど」
めしつかいは、お姫さまの仲間ではないのです。お姫さまはこの国にたったひとり。お姫さまがおおぜい、城でくらしている国なんて、聞いたこともありません。これまで、お姫さまは、仲間をもったことがないのでした。
「ねぇ、ミツバチ。仲間って、なあに?」
お姫さまがといかけると、ミツバチが笑いました。
「もちろん、なかよしの友だちのことだよ」
友だちって、何?
お姫さまはそう聞きたかったのですが、また笑われるかもしれないと思うと、口に出せませんでした。かわりに、はなを鳴らしていいました。
「わたしもひとりぼっちが大好きなのよ」
そして、お姫さまは、たおれた自転車をひきおこしました。
「北の草原には、ミツバチの群れがいるそうよ。案内しなさい。草原のミツバチに、わたしにミツをわたすようにいうのよ」
ひとりぼっちのミツバチは、おどろいたようにお姫さまの目の前をとびまわりました。
「北の草原に、みんながいるの?」
「そう聞いたわ。花があるんですって」
「じゃあ、行くよ。ま、仲間じゃないけどね」
お姫さまは自転車に乗りました。すぐ前を、ミツバチがとびます。ふたりは、村をめざしました。

  • 鏡野便り:山田養蜂場公式Blog
  • みつばち広場
  • 店舗案内
  • 法人様お取引窓口
  • みつばち農園